ヘイリー米国連大使のスピーチ

国連安全保障理事会での中東における暴力行為に関するスピーチ

アメリカ合衆国国連大使ニッキー・ヘイリー
ニューヨーク市
2018年5月15日

今日の会合は、中東における暴力行為に関して議論を行うために召集されました。私たちは皆、中東で起きている衝突を懸念しています。アメリカ合衆国は人命が失われたことに深く心を痛めます。しかし、この地域全域において数多くの暴力が広がっています。また、この安全保障理事会では往々にしてダブルスタンダードがまかり通り、今日もこうして時間外の会合を持っていることに言及しておきます。

先週、イラン軍がシリアからロケットを発射し、ゴラン高原のイスラエル陣地を攻撃しました。これは無謀な挑発行為であり、その拡大は阻止されなければなりません。それは、この会合で私たちが議論すべき暴力行為の一例です。また先週、イランが後押しているイエメン内の勢力が、サウジアラビアに対してロケットを発射しています。それは初めての攻撃ではありませんでした。

これもまた、この安全保障理事会において私たちが議論しなければならない、この地域での暴力行為です。またこの数日、イランの支援を受けるハマスが、イスラエルの警備隊とインフラ施設を攻撃するように扇動していました。これも、私たちが目を向けなければならない問題の一つです

これらの暴力行為の全てを繋いでいるのは、この地域に不安定をもたらすイラン政府の行動なのです。イランは自国民の基本的人権を侵害する一方で、中東全域における暴力を拡大しようとしています。

アメリカ合衆国は、中東におけるこれらの暴力行為について、ぜひ議論したいと思っています。私たちは、互いが協力し合い、これらの衝突に終止符が打てるような話し合いを行いたいと考えています。安全保障理事会では、シリアの不安定化を作り出し、イエメンにおける暴力行為の扇動、ガザにおけるテロリストへの支援やレバノンでの危険で違法な武器の備蓄などに加担しているイランについて、ほとんど議論がなされていません。

しかしある人々にとっては、今日の会合は、中東におけるこれらの暴力行為に関して話し合うために開かれたものではありません。それは、昨日のアメリカ合衆国エルサレム大使館開設に伴って発生したとされる衝突について、話し合うために召集されました。大使館の開設が暴力行為の理由だったと考えている人々がいるのです。それはいったいどのように正当化されるというのでしょう?

トランプ大統領が昨年12月に大使館移転の決定を発表したときに言及した通り、大使館の位置は、エルサレム内にイスラエルの主権や国境に関して特別な境界線を引くものではありませんし、係争中の境界線を解決するものでもありません。イスラエルの聖地に影響を与えるものでもありません。また今後、和平合意でいかなる交渉がなされようと、当事者の立場を前もって縛るものでもありません。平和への展望をいかなる意味でも疎外するものではありません。それでもなお、大使館の移転が暴力行為を起こさせたと言い張る人々がいます。

しかし私たちが忘れてならないことは、ハマスが、アメリカ合衆国が大使館を移転すると決定する前から、何年にも渡り暴力行為を扇動していたことです。

数日前から、複数のメディアがガザにおけるハマスの扇動行為について報道してきました。報道によると、ハマスは、地図やソーシャルメディアを通して、デモの参加者がフェンスを越えたあと、最短でイスラエル側の村落に到着できるルートを公開していました。また、ハマスがスピーカーを用いて、デモの参加者に、イスラエル兵は撤退したから(実際はしていないにも拘わらず)フェンスを突破するようにと叫んでいたこともメディアが報道しています。ハマスのメンバーは「もっと近づけ、もっとだ」と群衆をフェンスに向かうよう、扇動していました。

燃料や食料、医療器具などの輸送に使われるガザへの最大の関門所ケレムシャロムも、ハマスは攻撃しました。彼らはそれほどまでに、ガザの人々が苦境に晒されることを気にかけていなかったのです。ハマスは、火炎瓶を凧に括り付けてイスラエルに投げ飛ばし、できる限り大きな破壊を生み出そうとしています。テロリストの一人は、なぜ卍マークを凧に書いているのか尋ねられると「ユダヤ人はヒトラーの話になると頭が狂うんだ」と答えていました。

このようなことが、ガザの人々を危険に晒しているのです。間違ってはいけません。ハマスは、昨日の衝突の結果に満足しています。

この安全保障理事会に出席している同僚の皆さんにお伺いしたいです。このような行為が自分の国境で行われているとしたら、見逃すでしょうか?見逃す国はないでしょう。イスラエルは、この会合に出席しているどの国がしたであろうよりも、小規模の力で対応しました。実際、この会合に参加している数か国は、その過去の記録からして、より強硬な力をもって対応していたでしょう。

アメリカ合衆国大使館の所在地がガザでの衝突と関係があるという考えは、明らかな間違いです。そうではなく、この衝突は、いかなる場所においてもイスラエルの主権を拒絶する組織から生まれたものです。国連の加盟国であるイスラエルを破壊しようと考えることは、明らかに違法であり、それを糾弾するのならともかく、この安全保障理事会で時間を割いてまで議論すべきことではありません。

昨日の大使館開設は、アメリカ合衆国の国民にとって祝福すべき出来事でした。大使館をエルサレムに移すことは正しいことです。アメリカ合衆国の人々の意志を表現したものです。大使館をどこに置くかを決定する権利は、その国の主権を象徴するものです。この権利は、この会合に参加している全ての国が持っているものです。また、大使館の移転は、エルサレムがイスラエルの首都であるという現実を認める重要なものです。イスラエルが建国してから、エルサレムは首都としてあり続け、また、ユダヤ人にとっての何千年前からの首都でもあります。エルサレムがイスラエルの首都でなくなる和平協定が成立することはあり得ません。この現実を認めることこそが、平和達成の可能性を高める(低めるのではなく)のです。

アメリカ合衆国は、和平交渉と和平協定が進むよう全面協力するつもりです。全ての人々が、宗教の違いに拘わらずエルサレムで祈ることができる平和、全ての人の権利が尊重され、全ての人に明るい未来が照らされる平和、そのような平和こそが私たちの求めるものです。そしてこの平和は、多くの人々が認めようとしない今の現実に根差したものであるとき、初めて実現されるのです。アメリカ合衆国の昨日の行為は、現実の認識と平和への願いを促すものでした。そして私たちは、世界がこの現実的で、確かで、永続する平和を作るための道を共に歩んでいけることを心から願っています。

最後に、イスラエルが建国70周年を迎えたことに触れたいと思います。私はアメリカ合衆国の人々を代表し、この国連安保理事会の場で、イスラエルの友人たちが独立国家として70年を迎えたという顕著な成功を、祝福したいと思います。誇り高きイスラエルの人々は貧しく危機的な状況からスタートし、世界の光になるという預言者イザヤの夢を実現しました。次の70年が、力と希望と平和に包まれたものでありますように。

ありがとうございました。

(日本語仮訳:杉中亮星)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*特筆すべき点(そして正確に報道されてこなかった点)は、今回の米国大使館移転が、これまでも将来も間違いなくイスラエルの首都である西エルサレムになされたもので、東エルサレムを将来の首都と宣言しているパレスチナとの今後の和平交渉において、双方の立場を前もって縛るものではないということです。