エルサレムのトラックテロ:兵士たちは何故そこにいたのか

1月8日、エルサレムの旧市街地で、パレスチナ人が運転するトラックがイスラエル軍兵士の群れに突っ込み、4人(女3、男1)が死亡し、十数人が負傷しました。死亡者の1人は22歳、残りの3人は20歳だったということです。 (写真は、ネタニヤフ首相のブログから)

c1rvbtzweaamm4r日本の報道は、若い兵士たちがバスで旧市街地に着き、整列しているところだったと伝えました。彼らが研修の一環でエルサレム市街を見学していたと説明した記事もありましたが、それだけでは深い意味は伝わらなかったように思います。

私は昨年の6月にエルサレムを訪れ、滞在中は毎日のように旧市街地に行きました。そのうち一日は、エルサレムに何代にも渡って住んできたユダヤ人だというガイドのローネン・マリク氏と一緒に、歴史も含めていろいろ学びながら、「嘆きの壁」などを見学して歩きました。

そして気付いたのは、あちこちでイスラエル軍の若い兵士のグループも同じように学んでいたことです。一人の若い将校の説明を、5-6人のさらに若い兵士たちが熱心に聞いていました。

ローネンは将校の多くと顔見知りのようで、親しげに彼らに話しかけ、私にも紹介してくれました。そして、高校を出て兵役に就いた若い兵士たちに、ユダヤ人の歴史、イスラエル建国の歴史、建国後の歴史を教え、自分たちが何を守るのか、必要とあれば何のために戦うのかを知ってもらうために、このような研修はとても大事なのだと教えてくれました。

with-idf-soliders-at-jaffa-gate
ガイドのローネン・マリク氏とイスラエル軍兵士、旧市街地ジャファ門で

命を落とした4人の若い兵士たちの冥福を祈ります。

*パレスチナ自治区ガザを支配するハマスは、このテロ行為を、「イスラエルの占領に抵抗する英雄的行為を祝福する」と称えました。

ユネスコ:ユダヤ人と聖地の歴史的繋がりを否定する決議を採択

ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)は教育、科学、文化の発展と推進を目的として、1946年に設立された国連の専門機関です。憲章の前文には「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」と謳われています。

ユネスコは先月、ユダヤ人と聖地エルサレムの歴史的繋がりを否定する二つの決議を採択しました。

先ず、アルジェリア、エジプト、レバノン、モロッコ、オマーン、カタール、スーダンが、エルサレムの旧市街地にあり彼らが「アルアクサ寺院」と呼ぶ地域でのイスラエル政策を非難する決議案を提出しました。その地域は、ユダヤ人にとって最も神聖な場所である「嘆きの壁」を含み、ユダヤ人の間では「神殿の丘」と呼ばれています。決議案は、その地をアラブ名だけで呼び、ユダヤ人とその地の歴史的繋がりを否定する内容でした。

wall1

「嘆きの壁」がある「神殿の丘」

決議案はユネスコ役員会により票決が行われ、賛成24国、反対6国、棄権26国で採択されました。反対したのは米、英、独、オランダ、リトアニア、エストニアの6国だけで、日本は棄権しました。

その翌週、今度はユネスコの世界遺産委員会が、同様な決議案を採択しましたが、そこでも「神殿の丘」という呼称は使われず、アラブ名のみが使用されました。決議案は秘密票決の結果、賛成10国、反対2国、棄権8国で採択されました。

旧約聖書の記述のみならず、数多くの考古学的発見により証明されているユダヤ人と「神殿の丘」さらにはエルサレムの歴史的繋がりを完全に否定する決議案は、イスラエル国家の正当性に挑戦するアラブ諸国の活動の一環としか考えられません。

これらの決議案には、国連の潘基文事務総長、ユネスコのイリナ・ボコヴァ事務局長、ホワイトハウス、米議会なども反対しましたが、ヨーロッパの多くの国が反対ではなく棄権に回ったのは、国内に抱えるアラブ系移民を刺激したくなかったためと、考えられます。

日本が棄権を選んだ理由ははっきりしません。

この問題に関するエブラハム・クーパー師の意見記事

メリン医師の96時間

2011年、津波で壊滅的被害を受けた宮城県南三陸町に、イスラエル軍医療班が支援に駆けつけました。団長だったオファー・メリン医師は通常、エルサレム有数のシャーレセデック病院の救急医療センターの長を務めています。以下は、テロ実行犯の治療に当たることもあるメリン医師の96時間を追ったビデオです。