ユネスコ世界遺産会議へのメッセージ

ユネスコに向けてサイモン・ウィーゼンタール・ センターの声明
―ヘブロン保護の決議より、モスルにおけるISISのモスク破壊の批難を―

パレスチナ自治政府は、ユネスコに対して、ヘブロンにあるマクペラの洞穴をイスラエルから保護するよう要求しています。しかしこれはユダヤの歴史を否定し、イスラム化しようとする行動ではないでしょうか。

「今年は1967年の6日戦争(第三次中東戦争)から50年を記念する年です。また、50年前にユダヤ人が19年ぶりに初めてイスラエル・ベツレヘム・ヘブロンの聖なる地を訪れることができた年であり、同時に、イスラエルがユダヤ教徒・キリスト教徒・ムスリム教徒とっての聖地を保護してきて50年という記念すべき年でもあります」とエブラハム・クーパー師は語ります。

「ポーランドのクラカウで行われるユネスコ世界遺産会議にて、条約締約国21カ国はパレスチナのヘブロン保護の決議を含む34の案件について審議すると思います。しかし、先日ISISによって破壊されたモスルにあるモスクの保護については話されないでしょう。アラブ連盟やイスラム協力機構は、イスラエルがヘブロンにあるマクペラの洞穴をテロから保護しているという“罪”より、モスクを含む聖地を破壊し続けているという“罪”で ISISを批難するべきではないでしょうか」と主張します。

サイモン・ウィーゼンタール・ センターの代表として同センターの国際関係担当のシモン・サミュエル氏がクラカウでのユネスコ世界遺産会議に出席する予定です。

(補足)
マクペラの洞穴・・・パレスチナ自治区のヘブロンにあり、アブラハムなどの聖人が埋葬されておりユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒から神聖視されている宗教史跡。イスラエル政府は、2010年から同聖地の修復・保護に取り組んでいます。

パレスチナとユネスコ・・・パレスチナは2009年にユネスコに参加して以来、マクペラの洞穴や嘆きの壁をイスラムの遺産として認められるよう政策に取り組んできました。

2016年にはユネスコは、ユダヤ人と嘆きの壁など数か所の聖地の歴史的つながりを否定する決議を採択しました。(賛成24国、反対6国、棄権26国で、米、英、独、オランダ、リトアニア、エストニアが反対し、日本は棄権)。7月2日からポーランドのクラカウで開かれるユネスコ世界遺産会議でも、イスラムのマクペラの洞穴として、保護の決議が審議される予定です。

                  (日本語訳・補足説明:杉中亮星)

サイモン・ウィーゼンタール・センター、米大使館エルサレム移転の遅れに失望

2017年6月2日

サイモン・ウィーゼンタール・センター
大使館のエルサレム移転を遅らせるトランプ大統領の決定に深く失望

ユダヤ人の歴史的首都全域に対するイスラエルの統治権に、交渉の余地はありません。過去50年の歴史は、それのみが、聖地における全ての宗教の自由を保証する道であることを示しています。。

「サイモン・ウィーゼンタール・センターは、大使館のエルサレム移転を遅らせるというトランプ大統領の決定に、深く失望しました。トランプ政権は、イスラエル首相が誰であろうが、彼が決してエルサレムの統治権を譲り渡すことはないと、認識しているはずです。エルサレムは分断することのできないイスラエルの首都であり、将来もそうあり続けるでしょう。」著名なユダヤ系人権擁護非営利団体であるサイモン・ウィーゼンタール・センターの館長マーヴィン・ハイヤー師と副館長のエブラハム・クーパー師はそう発言しました。

「私たちは、大統領補佐官が、トランプ氏は今でも、1948年以来アメリカが冒してきた歴史的過ち ――イスラエルが自国の首都を統治する権利を認めない―― を正すつもりでいると強調したことを、心に留めます。」

「来週は1967年の六日戦争から50周年ですが、それは、旧市街地にある全ての宗教の聖地をその信者が自由に訪ねることのできる半世紀でした。それは、アブラハムの伝統を受け継ぐユダヤ教、キリスト教、イスラム教の宗教指導者によって等しく認められ、祝福されるべき事実です。」

「忘れっぽい世界に、思い起こして欲しいのです。いかなる形であれ、エルサレムが再び分断されるようなことになれば、何が起こるのかを。1948年、ヨルダン軍はユダヤ人地区とそのすべてのシナゴーグを破壊しました。彼らは、オリーブ山の(ユダヤ人の)墓石を便所に使い、ユダヤ人が嘆きの壁を訪れることを一切禁止しました。ユダヤ人は、彼らにとって最も神聖な地を、二度と外部の政治・宗教集団に支配させることありません。」

ハイヤー師とクーパー師は、こう結論付けました。

「世界の主要国、バチカン、そしてイスラエルのアラブ隣国が、この紛うことなき事実を一日も早く理解すればするほど、真の平和と和解が達成される日が近づくのです。」

注: 日本の報道では、イスラエルのエルサレム併合が違法とされてきたことが強調されますが、六日戦争でイスラエルが占領するまで、エルサレムがヨルダンによって違法に占拠されてきたことはあまり伝えられません。因みに、六日戦争は、エジプト・シリア・ヨルダンからの差し迫った攻撃に対する、イスラエルによる防衛の戦争とされています。アメリカのニッキー・ヘイリー国連大使が着任に際し、「国連での不当なイスラエル叩きの日々は終わった」と宣言したことも踏まえ、エルサレムの問題も、歴史的背景も含めて深く学ぶ必要があると思います。

元捕虜レスター・テニー氏の逝去

去る2月24日、元日本軍捕虜で「バターン死の行進」生還者のレスター・テニー氏が96歳で逝去しました。

彼との出会いは1999年春、原爆投下に関してアメリカ側の視点から記事を書こうとしていた私が、大牟田の捕虜収容所から長崎原爆のきのこ雲を目撃したというレスターにインタビューしたのが最初でした。三井三池炭鉱でのつらい強制労働の思い出も語ってくれましたが、日本人への憎しみは全く感じられず、それどころか「日本の若者に僕の体験を語りたいんだけど支援してくれないかな。きっと素晴らしい交流ができると思うんだ。」と頼まれました。

私はレスターとの出会いについて、すぐ友人のエブラハム・クーパー師に知らせました。(レスターは偶然にもユダヤ人でした。)そして、「彼の回想記を読んでみて。きっと会いたくなるから」と言ってレスターの著書「My Hitch in Hell」を手渡したのです。その後私は、クーパー師を連れてまたレスターを訪問しましたが、彼もまたレスターの変わらぬ支援者となりました。

そしてレスターの著書の日本語版が出たとき、クーパー師は表紙に短い推薦文を書いてくれました。

「レスター・テニーは、日本人を憎んだり残酷だと決めつけたりはしない。過去を忘れないことを求め続ける。太平洋の両岸に生きる全ての人々が、かつての出来事を共有し、相互に思いやりにみちた未来をつくり出すために。」

また『文芸春秋』が2006年、「バターン死の行進」に関する歴史修正的記事を掲載した時、レスターともう一人のバターン生還者ボブ・ブラウンをサイモン・ウィーゼンタール・センター「寛容の博物館」に呼んで記者会見を開いてくれたのも、クーパー師でした。

その後クーパー師と私は、日本の政府高官や東京の米国大使館を訪ねるたびに、レスターが目指す「つらい過去であっても、日米の人々がそれを共に学び、友情を深めていく」ことを訴えました。信念に支えられたレスターの努力もあり、目指した多くのことが実現したのは嬉しいことです。

友人を失ったことは悲しいですが、レスターとの友情は、言葉で表せないほど私たちの人生を豊かにしてくれました。

大統領就任式でのハイヤー師の祈り

トランプ大統領の就任式で祈りを捧げたサイモン・ウィーゼンタール・センター館長のマーヴィン・ハイヤー師と、副館長のエブラハム・クーパー師にお会いしました。ハイヤー師は、就任式での祈りに署名して下さいました。

大統領就任式で、ユダヤ教正統派のラビがこのような大役を務めたのは、米国の歴史上初めてだったそうです。


ハイヤー師・クーパー師からトランプ新大統領へのアドバイス

2016年11月29日(12月1日更新)Huffington Post 掲載

新大統領へ
ジミー・カーターなど無視して下さい! これが中東和平を前進させる方法です。
マーヴィン・ハイヤー師 エブラハム・クーパー師

ジミー・カーターがまたやらかしました。元大統領は現職(或いは間もなく現職となる)大統領の仕事に口出しをしないという暗黙の決まりを、彼は知っているべきなのですが、中東問題に関する限り、ジミーは自分が一番理解していると思いこんでいるようです。

彼は『二ューヨーク・タイムズ』への意見記事で、レームダックとなったバラク・オバマ大統領に、離任前にパレスチナ国家を承認することを強く促しました。パレスチナ人のイスラエル人に対する絶え間ないテロ攻撃をただの一度も非難したことがないカーターは、歴史的にジュディア・ソマリアとされた地域(別名西岸)に住む60万人のユダヤ人を、“植民地への入植者”と扱い侮辱したのです。

バラク・オバマが、残り少なくなった彼の在任中に、ハマスを合法的“政権当事者”と見せかけるため、そのテロ活動を隠蔽する急先鋒だった人物からの提言に耳を傾けるかどうかは、はっきりしません。

しかし、これから6週間の間に何が起こるにしろ、1月20日が来れば、イスラエル・パレスチナ抗争の問題に取り組むのは、トランプ大統領と彼の国務長官です。

そこで私たちは、謹んで以下の提案をします。

先ず、68年は長すぎました!
アメリカはエルサレムをイスラエルの首都と認め、我々の大使館をそこに移すべきです。

第二に、二国家共存解決の妨げになっているのはイスラエルの入植地であるという呪文に、終止符を打つべきです
その代り、ガザにおけるハマスのテロリスト圧政を止めさせて下さい。ハマスが主導権を握っている限り、二国家ではなく三国家が存在することになります。即ちイスラエルの他に、ラマラとガザの二つのパレスチナで、彼らはイスラエルを憎むのと同じくらい、お互いを憎み合っているのです。

ハマスは何十年にも渡り、ユダヤ人国家を滅亡させることに全力を注いできました。冷血にも、彼らは市民の居住地に武器庫やテロ施設を混在させ、ガザの住人を危険に晒しているのです。彼らは、民家の復旧のために提供された建築資材を盗んで、イスラエル南部地域を脅かす大規模なテロ用地下トンネルを拡張することに使っています。それでも文明国はそれを咎めず、彼らには国際支援が流れ込み続けます。そしてハマスは、「パレスチナから全てのユダヤ人を排除せよ」と叫び続けるのです。

第三に、国連にメッセージを送るべきです。
アラブ・イスラム国家群が、国連の場でイスラエルを反ユダヤ憎悪の対象として鞭打つのを止めなければ、アメリカは国連人権理事会、ユネスコ、国連パレスチナ難民救済事業機関への今後の関わりを再評価するという、メッセージです。

新大統領、和平を構築するために国連を超えた大きな視野を持って下さい。あなたは、国連の「聖地」に関する不誠実な姿勢、シリア国内での殺戮を止められない無力、イラクのキリスト教徒迫害への沈黙を、知っています。なぜあなたは、これまでの歴代アメリカ大統領が辿った道― 言葉は雄弁だが空虚な約束、新しい夜明けが来るといいつつ結局、中東での殺害、暴力、破壊しかもたらさなかった道― を行かなければならないのですか?

この地域における人道的大惨事にも拘らず、アサドやアヤトラではなく、イスラエルだけが絶え間ない外交攻撃に晒されているのです。イスラエルは最近、たった一日のうちに10件の国連決議案のターゲットにされました!

世界の文化歴史遺産を保護する役目を国連から与えられたユネスコは、アラブからの圧力に屈し、つい最近、ユダヤ人にとっても最も神聖な地、そしてキリスト教徒にとっても神聖な地を、イスラム教のものであるとして、ユダヤ人の歴史を消し去る決議案を採択しました。

第四にトランプ氏、フランスに宣言して下さい。イスラエルが1967年6月(六日戦争)前の国境まで後退することを要求するいかなる国連安保理決議にも、あなたは拒否権を発動すると。

元外務大臣の故アバ・イバンがいみじくも“アウシュビッツ国境“と呼んだこの境界線は、8百万人のイスラエル市民を、それを超えて襲ってくる自爆テロリストと10万発のミサイル攻撃に直ちに晒すことになるでしょう。自国民をそのような危険な状態に置く国は世界のどこにもありません。イスラエルのどんな指導者もしないでしょう。

第五に、パレスチナ自治政府(PA)に、彼らが真に和平を望んでいることを示す振る舞いを始めることを要求して下さい。

和平を目指すパートナーならば、学校の名前に殺人者の名前を付けたりしません。パレスチナ自治政府が、新しい公立学校に1972年のミュンヘンオリンピックで11人のイスラエル選手を殺害した「黒い9月グループ」リーダーの名前を付けたという発表から、イスラエル市民はどのようなメッセージを得るのでしょう。

アバス議長には、ユダヤ人の隣人と共存することを教えないパレスチナの学校には、今後アメリカからの支援はないと告げて下さい。2016年現在、パレスチナの教科書は反ユダヤの悪口雑言に溢れていますが、この事実はオバマ政権によって見過ごされています。

そして、アメリカとヨーロッパから寛大な援助を受けているパレスチナは、8歳のパレスチナ児童2人にナイフを与え、ガザ地区に近いキブツまで連れて行き、ユダヤ人を殺せと命じた大人たちに責任があるのではないでしょうか。

新大統領、ユダヤ教徒であれ、キリスト教徒であれ、イスラム教徒であれ、全ての8歳児は平和な未来を生きる資格があります。

その高邁な目標を達成するため、あなたは、かつてのアメリカ大統領が誰もしなかった行動を取ることで、聖地に平和をもたらす新しいパラダイムを構築し始めることができます。それは、厳しい愛をパレスチナに与えることです

貴方は、真実を語り、パレスチナと平和な未来を遮っている唯一の障害は“憎しみ”であると明確にすることで、聖地に真の希望をもたらすことができるのです。

マーヴィン・ハイヤー師はサイモン・ウィーゼンタール・センターの創始者会長
エブラハム・クーパー師はサイモン・ウィーゼンタール・センターの副会長