コーシャフード

”コーシャ”という言葉を初めて聞いたのは、アメリカに行って間もなく、大学に行き始めた時でした。授業の英語についていくのもおぼつかない頃、誰かがクラスで「Everything is Kosher」と言ったのです。前後の文脈から「全て問題ないよ。」というような意味と理解したのですが、コーシャの本当の意味を知るのはずっと後になってからでした。

その後何年もして、ホロコーストに関するインタビュー集『忘れない勇気』を書く過程で、多くのユダヤ人と親しくなりました。彼らの全員ではありませんでしたが、オーソドックスと呼ばれる人々は、ユダヤ教の決まりを厳格に守り、食事にも多くの制限があることを知りました。食材の種類だけでなく、料理に使う器具も、料理法も全てコーシャでなければならないと聞いて、驚いたのを覚えています。

1997年に本が出版された後、それを支援してくれたサイモン・ウィーゼンタール・センター副所長のエブラハム・クーパー師が日本に来てくれましたが、当時は東京に厳格にコーシャを守るレストランが無くて、彼は食べ物持参の来日でした。今は、高輪に純粋なコーシャレストランChana’s Placeがあるので、クーパー師と安心して食事ができます。

私は3年前に生まれ故郷の仙台に戻ってきましたが、何とそこに、コーシャフードについて大変詳しく、日本の食品会社にコーシャ認定の取り方をアドバイスしている人物がいたのです。(株)ヤマミズラ の門傳章弘社長です。会社のホームページには、コーシャフードについて、大変分かり易い説明が掲載されています。


コーシャ食品をご存知ですか?
コーシャとはもともとは、紀元前の旧約聖書の教えに即した、カシュルートと呼ばれる厳格な「食事規定」がその語源。「コーシャ」とはこの食事規定で「食べて良い食物」のことを意味します。製品の原材料から製造過程まで厳しくチェックされるコーシャ。その判断基準が細かく厳格がゆえに、品質の安全性に信頼が出来るのです。

食べていけない肉類の条件は?
 コーシャで食べて良い肉類は、基本的に草食動物であり且つ反芻動物(胃を二つ以上持つ動物)であることが条件になります。(牛、羊・・・・○ 豚、ウサギ・・・・×)さらに、完全に血抜きされた一定の食肉処理を施された肉のみ食することが出来ます。肉の血液は悪い菌を体内に運ぶと言われており、衛生上理にかなった規定といえます。

魚介類は食べてもいいの?

海や川・湖に住む生き物で、ヒレやウロコのあるものは食べても良いとされていますが、エビや蟹などの甲殻類貝類・たこ・イカなどは食べられません。ウロコが目立たないウナギも食べられません。

コーシャってどうしてそんなに厳しいの?
牛肉と乳製品の”食べ合わせ”を禁じたり、動物性油を禁じたり調理器具や製造過程にも厳しい規定があります。それは厳しい砂漠地帯を生き抜く民族の知恵だったのかもしれません。現代の食生活にも誠実に古の知恵を守るコーシャだからこそ衛生的で、健康的な食品として世界から信頼を得ているのです。

どのような製品がコーシャ認定を必要とするの?
コーシャはあらゆる分野で必要とされています。

・食品全般とその他の関連品
(魚、スナック、オーブン料理など)
・食品工場での原材料
(全ての食用油、大豆に由来する全ての商品、着色料を含む食品など)
・製薬、医療関係
(ビタミン剤、ホメオパシー薬、薬局販売の医療品など)
・ベビーフード関係
(ミルク代用品など)
・化粧品など
・衛生用品、洗剤、掃除用品


認定団体に関しても、詳しい説明があります。

食品がコーシャであると認定する団体は世界に何百もありますが、[OU(Orthodox Union=ニューヨーク本部)]、[OK(Organized Kashrut=ニューヨーク本部)]、[KLBD(Kosher London Beth Din=ロンドン本部)]の3団体が質・規模ともにコーシャ認証で最も権威のある団体です。

この3団体はSuper Kosherと呼ばれ、古くから伝統とルールを守り、清潔、安全、衛生的というコーシャの概念を常に追求しており、認証に携わるラビ(宗教指導者)は化学、薬品、食品などの各分野でのエキスパートです。またこれらの団体では膨大な原材料データをもとに何百人というスタッフが世界中で活躍しています。

ヤマミズラ社はOUとKLBDの日本代理店として、日本の食品会社にコーシャ認定に関するアドバイスをしています。世界の多くの有名食品会社が自社製品にコーシャ認定を受けていますが、最近は日本でも、酒造会社などが積極的に認定を受けるようになってきたそうです。

ヤマミズラ社のカタログから

門傳社長は、歴代のイスラエル大使やヘブライ大学関係者とも親しく、食の文化を通して、日本人とユダヤ人、そしてイスラエルとの交流が深まることを願っているそうです。

門傳社長に、お話を伺いました。

どのような経緯からユダヤ人やイスラエルと付き合うことになったのですか?

70年代に、日本ユダヤ教団でラビを務めておられたマーヴィン・トケイヤー師に出会ったのが、きっかけです。師は、日本の文化や神社などにも大変関心を持たれていて、一緒にいろいろ勉強しました。その後、ヘブライ大学のベン=アミー・シロニー教授も紹介して頂き、仙台周辺の温泉にご案内したりしました。ヘブライ大学から日本研究者が来日した時は、講演をアレンジするお手伝いもしました。

最初はビジネスの関係ではなかったのですね。

違います。日本でアインシュタイン展を開く手伝いをしたりするうちに、イスラエルに信頼できる知り合いが増え、私も信頼して貰えて、それが今のビジネスに結びび着きました。でも、日本とイスラエルの友好に貢献したいという思いは変わらず、今でも、ヘブライ大学で日本語を学ぶ大学生を日本に呼ぶ奨学金を出しています。昨年は、アラブ系イスラエル人学生とユダヤ系イスラエル人学生一人ずつに、奨学金を出しました。

素晴らしいですね。それらの若者がきっと将来、日本とイスラエルの間の友好と理解を深めてくれるでしょう。有難うございました。

 

エルサレムストーンを埋め込んだヤマミズラ社の応接室で

ユネスコ世界遺産会議へのメッセージ

ユネスコに向けてサイモン・ウィーゼンタール・ センターの声明
―ヘブロン保護の決議より、モスルにおけるISISのモスク破壊の批難を―

パレスチナ自治政府は、ユネスコに対して、ヘブロンにあるマクペラの洞穴をイスラエルから保護するよう要求しています。しかしこれはユダヤの歴史を否定し、イスラム化しようとする行動ではないでしょうか。

「今年は1967年の6日戦争(第三次中東戦争)から50年を記念する年です。また、50年前にユダヤ人が19年ぶりに初めてイスラエル・ベツレヘム・ヘブロンの聖なる地を訪れることができた年であり、同時に、イスラエルがユダヤ教徒・キリスト教徒・ムスリム教徒とっての聖地を保護してきて50年という記念すべき年でもあります」とエブラハム・クーパー師は語ります。

「ポーランドのクラカウで行われるユネスコ世界遺産会議にて、条約締約国21カ国はパレスチナのヘブロン保護の決議を含む34の案件について審議すると思います。しかし、先日ISISによって破壊されたモスルにあるモスクの保護については話されないでしょう。アラブ連盟やイスラム協力機構は、イスラエルがヘブロンにあるマクペラの洞穴をテロから保護しているという“罪”より、モスクを含む聖地を破壊し続けているという“罪”で ISISを批難するべきではないでしょうか」と主張します。

サイモン・ウィーゼンタール・ センターの代表として同センターの国際関係担当のシモン・サミュエル氏がクラカウでのユネスコ世界遺産会議に出席する予定です。

(補足)
マクペラの洞穴・・・パレスチナ自治区のヘブロンにあり、アブラハムなどの聖人が埋葬されておりユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒から神聖視されている宗教史跡。イスラエル政府は、2010年から同聖地の修復・保護に取り組んでいます。

パレスチナとユネスコ・・・パレスチナは2009年にユネスコに参加して以来、マクペラの洞穴や嘆きの壁をイスラムの遺産として認められるよう政策に取り組んできました。

2016年にはユネスコは、ユダヤ人と嘆きの壁など数か所の聖地の歴史的つながりを否定する決議を採択しました。(賛成24国、反対6国、棄権26国で、米、英、独、オランダ、リトアニア、エストニアが反対し、日本は棄権)。7月2日からポーランドのクラカウで開かれるユネスコ世界遺産会議でも、イスラムのマクペラの洞穴として、保護の決議が審議される予定です。

                  (日本語訳・補足説明:杉中亮星)

サイモン・ウィーゼンタール・センター、米大使館エルサレム移転の遅れに失望

2017年6月2日

サイモン・ウィーゼンタール・センター
大使館のエルサレム移転を遅らせるトランプ大統領の決定に深く失望

ユダヤ人の歴史的首都全域に対するイスラエルの統治権に、交渉の余地はありません。過去50年の歴史は、それのみが、聖地における全ての宗教の自由を保証する道であることを示しています。。

「サイモン・ウィーゼンタール・センターは、大使館のエルサレム移転を遅らせるというトランプ大統領の決定に、深く失望しました。トランプ政権は、イスラエル首相が誰であろうが、彼が決してエルサレムの統治権を譲り渡すことはないと、認識しているはずです。エルサレムは分断することのできないイスラエルの首都であり、将来もそうあり続けるでしょう。」著名なユダヤ系人権擁護非営利団体であるサイモン・ウィーゼンタール・センターの館長マーヴィン・ハイヤー師と副館長のエブラハム・クーパー師はそう発言しました。

「私たちは、大統領補佐官が、トランプ氏は今でも、1948年以来アメリカが冒してきた歴史的過ち ――イスラエルが自国の首都を統治する権利を認めない―― を正すつもりでいると強調したことを、心に留めます。」

「来週は1967年の六日戦争から50周年ですが、それは、旧市街地にある全ての宗教の聖地をその信者が自由に訪ねることのできる半世紀でした。それは、アブラハムの伝統を受け継ぐユダヤ教、キリスト教、イスラム教の宗教指導者によって等しく認められ、祝福されるべき事実です。」

「忘れっぽい世界に、思い起こして欲しいのです。いかなる形であれ、エルサレムが再び分断されるようなことになれば、何が起こるのかを。1948年、ヨルダン軍はユダヤ人地区とそのすべてのシナゴーグを破壊しました。彼らは、オリーブ山の(ユダヤ人の)墓石を便所に使い、ユダヤ人が嘆きの壁を訪れることを一切禁止しました。ユダヤ人は、彼らにとって最も神聖な地を、二度と外部の政治・宗教集団に支配させることありません。」

ハイヤー師とクーパー師は、こう結論付けました。

「世界の主要国、バチカン、そしてイスラエルのアラブ隣国が、この紛うことなき事実を一日も早く理解すればするほど、真の平和と和解が達成される日が近づくのです。」

注: 日本の報道では、イスラエルのエルサレム併合が違法とされてきたことが強調されますが、六日戦争でイスラエルが占領するまで、エルサレムがヨルダンによって違法に占拠されてきたことはあまり伝えられません。因みに、六日戦争は、エジプト・シリア・ヨルダンからの差し迫った攻撃に対する、イスラエルによる防衛の戦争とされています。アメリカのニッキー・ヘイリー国連大使が着任に際し、「国連での不当なイスラエル叩きの日々は終わった」と宣言したことも踏まえ、エルサレムの問題も、歴史的背景も含めて深く学ぶ必要があると思います。

ラウ師「友でないものにも救いの手を」

エブラハム・クーパー師が、ホロコースト記念日に書いたエッセイです。

メイール・ラウ師「友でないものにも救いの手を

2017年のヨム・ハショア(ホロコースト記念日)、この日ユダヤコミュニティーは不安と懸念に包まれていました。

米国では、ユダヤの墓地が荒らされたり、コミュニティー・センターに脅迫が届くなど反ユダヤの事件が急増しています。

イギリスでも、政治の場で反ユダヤの思想が影を伸ばしています。

フランスではマリーヌ・ル・ペンが国営テレビの場にて、フランスはヴェル・ディヴ事件の責任を負う必要はないという発言をしました。

*ヴェル・ディヴ事件・・・1942年7月に13,000人以上のユダヤ人がフランスのヴェロドローム・ディヴェール競輪場にて5日間検挙され、その後アウシュビッツなどの強制収容所に連行された。

また、ネオナチグループから卍マークを落書きされたり脅迫電話を受けたりして、ユダヤ施設が閉鎖に追い込まれるという出来事も起きました。それも、ドイツではなく、スウェーデンでこのようなことが発生しているのです。

ある女性は「私の両親は、ホロコースト生還者です。このようなことを目の当たりにすると1930年ごろに逆戻りしたように感じます」と嘆きます。

イランでは、ホロコーストを否定し、イスラエルを壊滅できるミサイルを誇示しています。

それでは私たちユダヤ人は、自分たちのことだけを考えれば許されるのでしょうか。

メイール・ラウ師は首を横に振ります。
ラウ師は大戦後の8歳の時にイスラエルに辿り着いたホロコースト生還者です。

72年経った今、彼はイスラエルはシリアの人々に救いの手を差し伸べるよう唱えます ー例えシリアがイスラエルにとって友とは言えない関係だったとしても。

ラウ師は「これはシリアの人々にとってのホロコーストであり、今日に始まったものではありません。過去6年、彼ら/彼女らはホロコーストの中に生きているのです。化学兵器により何人もの市民が犠牲になっています。歴史上最も迫害されてきた国として、イスラエルは救いの手を差し伸べるべきです」と唱えます。

ラウ師だけではありません。イツハク・ヨセフ師も「シリアでの戦争はもう一つの小さなホロコーストです。70年前ホロコーストが起きた時、大勢のユダヤ人が虐殺されました。世界はそれを目の当たりにして、なお沈黙していたのです。迫害を受けていた私たちユダヤ人はこの沈黙を理解できず嘆きました。ジェノサイドはシリアであろうと何処であろうと、そして誰であろうと許される訳がありません。たとえ友でない者に対してであろうと」と語ります。

それでは、なぜラウ師はホロコーストという言葉を使うのでしょうか。

それはシリアで死にゆく子供たちの姿から、彼が8歳だった頃に見たホロコーストの闇を思い起こさせるからです。もちろん彼はシリアとアウシュビッツでの出来事を天秤にかけることができるとは思っていません。

ナチが起こしたホロコーストは武器を持たない人々の根絶を目的にしていたという点で類をみないものでした。ナチとナチの思想に賛同した国家によって、600万ものユダヤ人が迫害され、餓死に追い込まれ、虐殺されていったのです。

ラウ師がホロコーストという言葉を使う理由、それはホロコーストの”本当の目的” ーユダヤ人の命だけでなく、ユダヤの精神さえも根絶させることーを理解しているためです。

ユダヤの精神 “汝、血を流し苦しむ者に手を差し伸べよ(Lo taamod al dam réakha)”。ラウ師はイスラエルにシリアへの行動を主張することで、このユダヤの精神を想起させています。

ユダヤ人作家、故エリー・ヴィ―ゼル氏は語ります「ここではユダヤの同胞を意味する“akhikha”ではなく、すべての人を意味する“réakha”という言葉が使われているのです。その人がユダヤかどうか関係ありません。すべての人が痛みと恐怖ではなく、希望と尊厳を持って生きる権利があるということを示しているのです。」

ホロコーストを生き抜きイスラエルで暮らし始めた1945年以来、ラウ師は1日1日がナチやすべてのテロリズムから勝利を掴み取ってきた日々であると信じています。ホロコーストからの生還はすべてのユダヤ人にとって勝利である一方で、新たな始まりであると考えています。ナチが根絶やしにしようとしたユダヤの精神を受け継いでいかなければならないのです。

“汝、血を流し苦しむ者に手を差し伸べよ”

新たなヨハム・ショアを迎えた今、この精神こそがユダヤ人を輝かせてきたものであり、この精神こそがユダヤ人が忘れず心に持ち続けなければいけないものなのです。

                       (日本語訳:杉中亮星)

*「深淵より ラビ・ラウ回想録―ホロコーストから生還した少年の物語」
は、ミルトス出版社から刊行されています。

元捕虜レスター・テニー氏の逝去

去る2月24日、元日本軍捕虜で「バターン死の行進」生還者のレスター・テニー氏が96歳で逝去しました。

彼との出会いは1999年春、原爆投下に関してアメリカ側の視点から記事を書こうとしていた私が、大牟田の捕虜収容所から長崎原爆のきのこ雲を目撃したというレスターにインタビューしたのが最初でした。三井三池炭鉱でのつらい強制労働の思い出も語ってくれましたが、日本人への憎しみは全く感じられず、それどころか「日本の若者に僕の体験を語りたいんだけど支援してくれないかな。きっと素晴らしい交流ができると思うんだ。」と頼まれました。

私はレスターとの出会いについて、すぐ友人のエブラハム・クーパー師に知らせました。(レスターは偶然にもユダヤ人でした。)そして、「彼の回想記を読んでみて。きっと会いたくなるから」と言ってレスターの著書「My Hitch in Hell」を手渡したのです。その後私は、クーパー師を連れてまたレスターを訪問しましたが、彼もまたレスターの変わらぬ支援者となりました。

そしてレスターの著書の日本語版が出たとき、クーパー師は表紙に短い推薦文を書いてくれました。

「レスター・テニーは、日本人を憎んだり残酷だと決めつけたりはしない。過去を忘れないことを求め続ける。太平洋の両岸に生きる全ての人々が、かつての出来事を共有し、相互に思いやりにみちた未来をつくり出すために。」

また『文芸春秋』が2006年、「バターン死の行進」に関する歴史修正的記事を掲載した時、レスターともう一人のバターン生還者ボブ・ブラウンをサイモン・ウィーゼンタール・センター「寛容の博物館」に呼んで記者会見を開いてくれたのも、クーパー師でした。

その後クーパー師と私は、日本の政府高官や東京の米国大使館を訪ねるたびに、レスターが目指す「つらい過去であっても、日米の人々がそれを共に学び、友情を深めていく」ことを訴えました。信念に支えられたレスターの努力もあり、目指した多くのことが実現したのは嬉しいことです。

友人を失ったことは悲しいですが、レスターとの友情は、言葉で表せないほど私たちの人生を豊かにしてくれました。