Israel: Not just a start-up nation

By Kinue Tokudome

The Japanese version of this article appeared on Ronza on Nov. 13.

Israel has been called a “start-up nation” due to its advancement in many areas of technology. Over the past few years, the economic exchanges between Japan and Israel have seen rapid growth. On the diplomatic side also, the relationship has deepened since Prime Minister Abe and Prime Minister Netanyahu made mutual visits, and security cooperation has progressed. As the number of Israeli tourists visiting Japan is increasing, the exchange between the two countries is expanding as never before. ElAl’s direct flights between Tokyo and Tel Aviv from March next year will surely accelerate this trend.

Meanwhile, news coverage on Israel in Japan seems to have converged into only two areas, its relations with the Palestinians and its high-tech industry. As a result, Japanese people do not have an accurate picture of Israeli society. The task of rectifying this situation cannot be done overnight. But for the past two years, I have been visiting Israel and interviewing people, whose stories I believed would help such a task.

Here are two organizations I visited last September.

Shalva

In May of this year, the international song contest “Eurovision” was held in Tel Aviv and the Shalva Band, made up of young people with disabilities, inspired people around the world.

Shalva Band was formed as part of the music therapy at Shalva, a facility for children with disabilities in Jerusalem. It has grown to be a popular music band that performs not only in Israel but worldwide. Shalva means “Peace of Mind” in Hebrew.

Shalva, which started with only six children with disabilities in 1990, is now the world’s largest facility offering an all-encompassing range of services to 2,000 children with disabilities from infancy to adulthood and their families.

An early intervention program for babies and their mothers also aims to give parents who struggle with raising a child with disabilities hope. Day Care and Preschools offer an enriching curriculum created by educators, social workers, and therapists that includes interaction with mainstream children. In the after-school program, children enjoy daily therapy-oriented activities like sports, drama, arts, music, and swimming. Young adults have the opportunity to receive vocational training.

Here is my interview with Rabbi Kalman Samuels, the founder of Shalva.

“Our second child, Yossi, became blind and deaf when he was 11 months old after he received a vaccination, which had a problem. Some of our friends advised us that we should put Yossi in an institution. We were determined to raise him at home. But we could not communicate with Yossi, and my wife often cried at night.

And a miracle happened when Yossi was eight years old. A special therapist finger-spelled into the palm of his hand the five symbols for the Hebrew word for table, and he suddenly understood that meant this object. Just like Hellen Keller understood water and its name.

All over sudden, his world opened up. Other teachers taught him subjects, and in two years, he was a brilliant child who can learn.

And then my wife sat me down and said, ‘It’s payback time. I promised to God if he could help Yossi, I would devote the rest of my life to helping other mothers.’

We rented an apartment and started an after-school class for six children with disabilities. Many parents of children with disabilities heard about our activities and came one after another, so we rented an apartment next door and the program expanded. Eventually, it served 400 children.

In 2005, the Israeli government came to me to consult. They said that the government will provide 7 acres (60% of the size of Tokyo Dome) of land and that they wanted us to provide our programs to more children. So, we decided to work on a new Shalva center. The government paid for some construction, but the rest of the money had to be raised.

What my wife and I were aiming for was the concept of inclusion. Shalva’s services are basically provided free of charge on a first-come, first-served basis. And there is no discrimination based on race, religion, family’s economic status. Wealthy families can voluntarily donate but their children do not receive special treatment.

Shalva now has 400 employees and is the largest of its kind in the world. Every year 50,000 visitors come from around the world.

Our son Yoshi is 43 years old and works independently at a computer-related company.”

  Mr. Yossi Samuels visiting President Bush and Mrs. Bush
(Photo courtesy: Rabbi Kalman Samuels)

The world’s Jewish community supported rabbi Samuels and his wife’s dream. Currently, there are support organizations of Shalva across the globe, making many of their activities possible.

The Shalva Center I visited was such a happy place, with sunlight coming through from the front window. It incorporated many ideas of Mrs. Samuels. I learned that there are many couples who were married while working at this Center together.

     

             Shalva Center                                       Rabbi Samuels and author

Shalva website

Save a Child’s Heart

Dr. Ami Cohen was a doctor with the US Army. When he was stationed in South Korea and Saudi Arabia, he performed pediatric cardiac surgeries. Dr. Cohen immigrated to Israel in 1992. He performed surgery on an Ethiopian child at the request of his Ethiopian doctor friend. Realizing that some African countries lacked advanced medical facilities and trained doctors, he established “Save a Child’s Heart” in 1995.

The Wolfson Medical Center outside Tel Aviv, where Dr. Cohen served as the director of the department of cardiology, became the receiving hospital for this program. Volunteer doctors started to provide pediatric cardiac surgeries to children of Africa, free of charge, airfare, and boarding. As their activities became widely known donations were coming in, and the program was expanding.

Dr. Ami Cohen
(photo courtesy: Save a Child’s Heart)

Dr. Cohen died of altitude sickness while climbing Kilimanjaro in 2001. Continuation of Save a Child’s Heart was in danger. But the people who had been inspired by Dr. Cohen continued the program and made it even bigger. Just recently, they achieved a record of providing cardiac surgeries to 5,000 children from 60 countries. Half of them are Palestinian children in the West Bank and Gaza. In addition, 120 doctors and nurses have been invited to Israel from countries such as those in Africa to receive medical training.

I visited the Wolfson Medical Center about 10 minutes south of Tel Aviv by train. Ms. Tamar Shapira, a spokesperson for Save a Child’s Heart, gave me a tour of the pediatric cardiac surgery department and introduced me to the people there.

Children who just undergone cardiac surgery spend the first two days in ICU. A child from Ethiopia, a Palestinian child, and an Israeli child who has undergone surgery as a regular patient were being taken care of by the same doctor/nurse group in the ICU. Ms. Shapira explained, “Any child from any background is taken care of in the same way.”

It was the day when the children who recovered from surgery were receiving a weekly check-up. I met a boy and his mother from an African country. We couldn’t communicate, but I was able to sense her deep appreciation for this program.

I met a female doctor from Tanzania who was checking children. She must be an elite in her home country. She spoke about Save a Child ‘s Heart in fluent English.

“What is unique about this program is that you can learn about the entire process, from pre-treatment diagnosis to post-surgery progress. I would like to bring the knowledge and skills I have gained here to Tanzania and save more children in my home country.”

Next, Ms. Shapira took me to the dormitory in the nearby residential area. Here, pre- and post-surgery children and their mothers live for a few months. Some mothers never used modern kitchen appliances in their home country, but there was a lady who is ready to help them. The courtyard is a playground, where fully recovered children are having fun. Realizing that these children might not have been saved without Save a Child’s Heart, I was deeply moved by watching these children.

 (Photo Courtesy: Save a Child’s Heart)

After visiting the hospital and the dormitory, I interviewed Mr. Simon Fisher, Executive Director of Save a Child’s Heart. When I asked what I wanted to know the most – what is the driving force behind this program, Mr. Fischer explained.

“Israel is a young country. Our pioneers worked hard to create this country over the decades. As for medical technology, until the end of the 1970s, Israeli doctors could not save children with difficult conditions such as heart disease. It was in the late 80s that Israeli doctors reached the Western countries’ level, after bringing back knowledge and experiences back from their study in those countries. Israeli doctors remember those days. In that sense, Israeli doctors are a little different from doctors in advanced countries in the West or Japan that have a long history of medical science.

I think that gives Israeli doctors a sense of responsibility to help children in countries that cannot be saved with the latest medical technology and to help medical professionals in those countries gain knowledge and experiences.”

Save a Child’s Heart received last year’s United Nations’ Population Award. Also, the International Pediatric Cardiac Center & Children’s Hospital will be opened next year in the Wolfson Medical Center. A reunion of former patients who have undergone heart surgery by this program will soon be held. It must be an inspiring gathering.

Save a Child’s Heart website

At the time of writing this article, Israel is not able to form a government after two elections. But as these organizations show, there are people in Israel, with only one-fourteenth of Japan’s population, who are doing internationally-acclaimed works following their deep convictions. I hope that the Japanese people will learn more about this aspect of the Israeli society as Japan-Israel exchange deepens.

イスラエルの友人:のあ・コフラーさん

のあさんと私は、通常の常識から言えば出会うことはなかったはずでした。一九七八年九月、私はアメリカへ、のあさんはイスラエルへと飛び立ちました。私の方が歳は上でしたが二人とも二〇代、前途に何が待っているかも知らず、ましてや四〇年後もその地に住んでいる自分など想像さえできない、旅立ちでした。

そんな二人が出会えたのは、偶然の(というよりきっと運命的な)糸が繋いでくれたからでした。


2019年1月、のあさんに案内してもらったJaffaで

昨年一〇月、私は二度目のイスラエル旅行に出かけました。二年前の初めての訪問時と同様、友人のエブラハム・クーパー師と一緒にゴラン高原を訪れたり、何人かの著名なイスラエル人に紹介して貰ったりと、有意義な数日を過ごしました。しかしイスラエルを去る最後の日は土曜日の安息日で、正統派ユダヤ人のクーパー師にはアテンドして貰えず、自分独りで過ごすことになりました。

エルサレムのイスラエル博物館を訪問することに決めましたが、その前にある人に電話してみることにしました。それは、数日前にクーパー師と一緒に昼食を共にした元駐米大使のマイケル・オレン氏から、「この日本女性に電話してごらん」と、渡されていた電話番号でした。オレン氏の古い友人で、長くテルアビブの日本大使館で働いていたという女性です。金曜日の夜に電話してみると、翌日時間が調整できれば、イスラエル博物館に来てくれるということでした。因みに、オレン氏との出会いも、その年の春にロスアンゼルスで知り合った在イスラエル作家ヨシ・クレイン・ハレビ氏がアレンジしてくれたものでした。

翌日、のあさんは見ず知らずの私に会うため、テルアビブから来てくれました。その日の深夜の便で発つ私にはたっぷり時間があり、博物館を出た後、土曜日でも開いているレストランを探し、お互いのことやら時を忘れて語り合いました。

同じ年に日本を離れたことに加え、私たちにはもう一つの共通点がありました。夫を亡くしていたことです。一九八八年に精神科医のご主人と結婚されたのあさんは、二〇〇〇年にご主人が亡くなった時、お嬢さんはまだ九歳だったそうです。子供二人が成人して結婚した後に夫を亡くした私より、どんなにつらく大変だったろうと想像しました。

その日の語らいは、もう一人の素晴らしい友人との出会いに繋がりました。のあさんが一時日本に帰っている時に東京のユダヤセンターで知り合ったというダニー・ハキム氏です。松濤館空手七段の彼は「Budo for Peace」という団体の設立者・代表で、日本の武道の精神を通して異なる人々の間に寛容と相互尊敬を広める活動をしている人物でした。ハキム氏の活動を知れば知るほど、お会いしたくなり、今年一月またイスラエルを訪れ、のあさんのご自宅でインタビューさせて貰うことができました。(ハキム氏に関する記事「武道を通して平和のメッセージを広げる」は朝日新聞のRonzaに掲載されました。)

その後私は、五月にまたイスラエルを訪れ、のあさん、ハキム氏、そして長い間日本経済新聞のエルサレム担当として働いたエリ・ガーショウィッツ氏などと、交友を深めていきました。

そして、のあさんのお嬢さん綾さんが九月に結婚することになり、光栄なことに、私も招待を受けて出席することになりました。ご主人を亡くした後、お独りで育ててこられたお嬢さんの結婚を、私も心からお祝いしたいと思いましたし、イスラエルをまた訪問できるのも嬉しいことでした。

当日はテルアビブ郊外の美しい結婚式場に、五〇〇人もの人々が集まり、素敵なカップルを祝福しました。のあさんも、綾さんの純白のウエディングドレスと対でイスラエル国旗のカラーとなる、美しいブルーのドレスを着て、輝くような笑顔でした。二〇代初めにイスラエルに渡られてからの四〇年の歳月が、きっと感慨深く駆け巡ったことでしょう。

のあさんと私には、今大きな夢があります。イスラエルと日本の間に人間レベルでの理解と友情を育てることです。私たちが出会ったのは、その夢の実現の為だったのかもしれません。一人の人間が出来ることには限りがありますが、身近なところから始めていきたいと思っています。

以下は、のあさんが二〇代の頃に書かれたエッセイです。 “イスラエルの友人:のあ・コフラーさん”の続きを読む

イスラエルとバチカンの歴史的国交樹立:   アヴィ・パズナー氏に聞く

徳留絹枝

ユダヤ人とカトリック教会との関係は、中世にローマ教皇が送った十字軍のユダヤ人虐殺やスペインからのユダヤ人追放、そして近代ではピウス12世がホロコーストに積極的に抗議しなかったなどの歴史があり、長い間決して良いものではありませんでした。改善の兆しが現れたのはそれほど昔のことではありません。二千年近く根強くあった「ユダヤ人がイエスキリストを死に追いやった」とする考え方を、「キリスト受難の責任を当時のすべてのユダヤ人また今日のユダヤ人に負わせることはできない」として、カトリック教の総本山バチカン(ローマ教皇庁)が正式に否定するNOSTRA AETATEを出したのは1965年になってからでした。

しかしその後も、イスラエルとバチカンの正式国交はなかなか樹立されませんでした。イスラエルにとって、世界各地に13億人近いカトリック信者を擁するバチカンから国家として正式に承認されることは、重要な課題となりました。それがやっと実現したのは1993年のことです。

私は先日、イスラエル・バチカン国交樹立の突破口を開いたベテラン外交官アヴィ・パズナー氏に、お話を伺う機会に恵まれました。

ご自分の伝記を手にするパズナー氏

お住まいのテルアビブ郊外の高層マンションの一室で、夫人と、インタビューをアレンジしてくれたパズナー氏の義理の息子さんエリ・ガーシュウイッツ氏が、迎えてくれました。81歳のパズナー氏は、怒涛のようなイスラエル外交の現場を40年近く生き抜いてきた人物ですが、笑顔の美しい物腰の穏やかな紳士です。テーブルを挟んですぐそばに座り、語り始めました。

――――――――――――――――――――――――――――――

イスラエル外務省に入ったのは1965年のことです。

私は、イスラエルとエジプトのキャンプ・デヴィッド合意があった70年代後半、ワシントンのイスラエル大使館で広報官として働いていました。その時の私の仕事ぶりを見たイツハク・シャミル外相が1981年、私を、外務省広報官兼外務大臣アドバイザーに任命しました。その後1986年に首相になったシャミル氏は、私に、首相官邸に来て政府広報官とメディアアドバイザーにならないかと尋ねました。

それで私はその職務に就いたのですが、朝の6時から深夜まで働くきつい仕事でした。特に湾岸戦争(1990-1991)の時が最も大変でした。(イラクのサダム・フセイン大統領は、米国とアラブ国の連合を崩すためにスラエルを戦争に巻き込もうと、39発のスカッドミサイルをイスラエルに撃ち込み一人の死者が出たが、イスラエルは米政府からの強い要請もあり、最後までイラクに報復しなかった。)イスラエルが置かれた難しい立場を説明するのに、それまでの10倍もハードに働きました。当時の『ニューヨーク・タイムス』は、私を、この戦争の関係国でベストの報道官に選んでくれました。でもシャミル首相の下で5年間働き、私自身にも限界が来ていました。

それでシャミル首相に言いました。「首相、私はあなたの為に何年も働かせて頂き、そのすべての瞬間が充実していました。でもこの辺りで外務省に戻り、駐フランス大使になりたいと思います。私はスイスで育ち、母国語はフランス語です。長く報道官を務めさせてもらいましたが、他の仕事に就く頃かと思います」

でも大使を決めるのは首相でなく外務省でしたから、私は希望を伝えて結果を待ちました。

数か月経ってやっと外務省から返事がありました。フランス大使は既に決まっているので、スペインかイタリアか、或いは当時設立が近づいていたEUの本部となるブリュッセルの中から、選んで欲しいということでした。私は家に帰り妻と相談しました。アルゼンチン出身でスペイン語を話す彼女はスペインに行きたがりました。それから娘と義理の息子の意見も聞いてみると、彼らはブリュッセルの方が重要なポストだと言いました。

それで私はシャミル首相に相談することにしました。すると首相は、スペインでもブリュッセルでもなく、イタリアに行くようにと言うのです。なぜイタリアなのですか、と私は聞きました。すると彼はこう言ったのです。「私は、君にローマに行って、イスラエルの独立以来40年間以上、誰も出来なかったことをやって欲しい。バチカンとイスラエルの正式国交樹立だ」

シャミル首相は続けました。「アヴィ、考えてごらん。世界には30から40か国のカトリック教国がありその信者数は15憶人にもなる。その頂点となるバチカンと正式国交を結ぶことは大きな成果となるよ」 “イスラエルとバチカンの歴史的国交樹立:   アヴィ・パズナー氏に聞く”の続きを読む

『アウシュヴィッツの巻物 証言資料』

二階宗人

先にこのブログにサイモン・ウィーゼンタール・センターのエブラハム・クーパー師のインタビュー記事が掲載されていました。彼は「歴史」を学ぶだけではなく、共感を伴った「記憶」が大切であることを述べていました。

さて、私はこのほど『アウシュヴィッツの巻物 証言資料』(Matters of Testimony  Interpreting the Scrolls of Auschwitz、ニコラス・チェア/ ドミニク・ウィリアムズ 共著、 みすず書房 / ISBN978-4-622-08703-8 )を翻訳する機会を得ました。

この本はナチのアウシュヴィッツ=ビルケナウ絶滅収容所でガス室や死体焼却場での作業を強制されたユダヤ人たち(特別作業班「ゾンダーコマンド」)が、ひそかに書き残した文書や撮った写真を主題としています。これらのゾンダーコマンドのなかには自分の家族の死体をガス室に見出し、片付けさせられた人もいました。そうした凄惨な犯罪現場で、彼らはなんとか筆記用具やカメラを入手して、複数の文書と写真4枚を残すことができました。文書は地中や人骨や灰に埋めて隠されました。これは命がけの抵抗運動であり、発覚すればグループ全員が射殺されるかガス室送りとなるのは自明の理でした。彼らは外に向けては、自分たちや殺された人びとの報復を訴え、内に向けては自分の生の存在証明を確認しようとしたのでした。

ゾンダーコマンドが密かに撮った写真:ユダヤ人の死体を焼いている
(Wikimedia Commons)

こうした行為の記録は歴史を構成するのであり、私たちが通常、歴史(史料)と呼んでいる範疇に属します。私たちがホロコーストの「歴史を学ぶ」「過去を学ぶ」と語るとき、そうした歴史とか過去とかを想起していないでしょうか。しかし私たちがたとえば昨晩の夕食のことを思い返すとき、それはメニューを列挙してみる以上に、そもそも夕食を食べた、おいしかった、食卓を囲む皆の表情を追想するといった、そうした夕食をめぐる事柄が核心的に重要なはずです。メニューを並べるだけでは、そもそも思い出す意味がないのです。閑話休題。ホロコーストの歴史は知識として探究されるだけでは不十分であり、衷心から<感じとられる>ものでなければならないということなのです。

私は同書の「訳者あとがき」で、映画『ショア』を制作したクロード・ランズマン監督が述べた言葉として、「(ショアは)ネクタイをしめて机の向こう側で思い出として語られる歴史などではない。思い出は薄れるものだ。(その出来事を)追体験するためには語る者は高い代償を払わなければならない。すなわちこの歴史を語ることで苦しまなければならない」と語ったことを記しました。これは証言者について述べられた事柄ですが、証言を受け取る者についても同様のことがあてはまると、私は考えます。ホロコーストの犠牲者の証言を現前させ、体感するときこそがその歴史との接点をもつことであり、その歴史を学ぶということなのであろうと思います。

本書はそうした「歴史認識」を謳っています。エブラハム・クーパー師は「歴史」を学ぶだけではなく、共感を伴った「記憶」が大切であると述べました。本書の結論もそこにあるというのが、訳者としての私の結論でもあります。

 

*二階宗人(にかい・むねと)
ジャーナリスト.NHK記者としてローマ(エルサレム),ジュネーヴ,ロンドン,パリの各総支局に駐在。東西冷戦下のヨーロッパ,中東紛争,バチカンの動静などを取材し, ヨーロッパ中東アフリカ総局長。 訳書にシルリ・ギルバート著『ホロコーストの音楽』Music in the Holocaust, Confronting Life in the Nazi Ghettos and Camps(みすず書房、2012年)がある。

大切なのは「歴史」ではなく「記憶」:サイモン・ウィーゼンタール・センターの取り組み

『第三文明』2019年6月号に掲載された、サイモン・ウィーゼンタール・センター  Associate Dean, Director Global Social Action Agenda の エブラハム・クーパー師へのインタビュー記事です。「歴史」を学ぶだけではなく、共感を伴った「記憶」活動が大切というメッセージに、彼の目指すものが溢れています。