ラウ師「友でないものにも救いの手を」

エブラハム・クーパー師が、ホロコースト記念日に書いたエッセイです。

メイール・ラウ師「友でないものにも救いの手を

2017年のヨム・ハショア(ホロコースト記念日)、この日ユダヤコミュニティーは不安と懸念に包まれていました。

米国では、ユダヤの墓地が荒らされたり、コミュニティー・センターに脅迫が届くなど反ユダヤの事件が急増しています。

イギリスでも、政治の場で反ユダヤの思想が影を伸ばしています。

フランスではマリーヌ・ル・ペンが国営テレビの場にて、フランスはヴェル・ディヴ事件の責任を負う必要はないという発言をしました。

*ヴェル・ディヴ事件・・・1942年7月に13,000人以上のユダヤ人がフランスのヴェロドローム・ディヴェール競輪場にて5日間検挙され、その後アウシュビッツなどの強制収容所に連行された。

また、ネオナチグループから卍マークを落書きされたり脅迫電話を受けたりして、ユダヤ施設が閉鎖に追い込まれるという出来事も起きました。それも、ドイツではなく、スウェーデンでこのようなことが発生しているのです。

ある女性は「私の両親は、ホロコースト生還者です。このようなことを目の当たりにすると1930年ごろに逆戻りしたように感じます」と嘆きます。

イランでは、ホロコーストを否定し、イスラエルを壊滅できるミサイルを誇示しています。

それでは私たちユダヤ人は、自分たちのことだけを考えれば許されるのでしょうか。

メイール・ラウ師は首を横に振ります。
ラウ師は大戦後の8歳の時にイスラエルに辿り着いたホロコースト生還者です。

72年経った今、彼はイスラエルはシリアの人々に救いの手を差し伸べるよう唱えます ー例えシリアがイスラエルにとって友とは言えない関係だったとしても。

ラウ師は「これはシリアの人々にとってのホロコーストであり、今日に始まったものではありません。過去6年、彼ら/彼女らはホロコーストの中に生きているのです。化学兵器により何人もの市民が犠牲になっています。歴史上最も迫害されてきた国として、イスラエルは救いの手を差し伸べるべきです」と唱えます。

ラウ師だけではありません。イツハク・ヨセフ師も「シリアでの戦争はもう一つの小さなホロコーストです。70年前ホロコーストが起きた時、大勢のユダヤ人が虐殺されました。世界はそれを目の当たりにして、なお沈黙していたのです。迫害を受けていた私たちユダヤ人はこの沈黙を理解できず嘆きました。ジェノサイドはシリアであろうと何処であろうと、そして誰であろうと許される訳がありません。たとえ友でない者に対してであろうと」と語ります。

それでは、なぜラウ師はホロコーストという言葉を使うのでしょうか。

それはシリアで死にゆく子供たちの姿から、彼が8歳だった頃に見たホロコーストの闇を思い起こさせるからです。もちろん彼はシリアとアウシュビッツでの出来事を天秤にかけることができるとは思っていません。

ナチが起こしたホロコーストは武器を持たない人々の根絶を目的にしていたという点で類をみないものでした。ナチとナチの思想に賛同した国家によって、600万ものユダヤ人が迫害され、餓死に追い込まれ、虐殺されていったのです。

ラウ師がホロコーストという言葉を使う理由、それはホロコーストの”本当の目的” ーユダヤ人の命だけでなく、ユダヤの精神さえも根絶させることーを理解しているためです。

ユダヤの精神 “汝、血を流し苦しむ者に手を差し伸べよ(Lo taamod al dam réakha)”。ラウ師はイスラエルにシリアへの行動を主張することで、このユダヤの精神を想起させています。

ユダヤ人作家、故エリー・ヴィ―ゼル氏は語ります「ここではユダヤの同胞を意味する“akhikha”ではなく、すべての人を意味する“réakha”という言葉が使われているのです。その人がユダヤかどうか関係ありません。すべての人が痛みと恐怖ではなく、希望と尊厳を持って生きる権利があるということを示しているのです。」

ホロコーストを生き抜きイスラエルで暮らし始めた1945年以来、ラウ師は1日1日がナチやすべてのテロリズムから勝利を掴み取ってきた日々であると信じています。ホロコーストからの生還はすべてのユダヤ人にとって勝利である一方で、新たな始まりであると考えています。ナチが根絶やしにしようとしたユダヤの精神を受け継いでいかなければならないのです。

“汝、血を流し苦しむ者に手を差し伸べよ”

新たなヨハム・ショアを迎えた今、この精神こそがユダヤ人を輝かせてきたものであり、この精神こそがユダヤ人が忘れず心に持ち続けなければいけないものなのです。

                       (日本語訳:杉中亮星)

*「深淵より ラビ・ラウ回想録―ホロコーストから生還した少年の物語」
は、ミルトス出版社から刊行されています。

ハイヤー師・クーパー師からトランプ新大統領へのアドバイス

2016年11月29日(12月1日更新)Huffington Post 掲載

新大統領へ
ジミー・カーターなど無視して下さい! これが中東和平を前進させる方法です。
マーヴィン・ハイヤー師 エブラハム・クーパー師

ジミー・カーターがまたやらかしました。元大統領は現職(或いは間もなく現職となる)大統領の仕事に口出しをしないという暗黙の決まりを、彼は知っているべきなのですが、中東問題に関する限り、ジミーは自分が一番理解していると思いこんでいるようです。

彼は『二ューヨーク・タイムズ』への意見記事で、レームダックとなったバラク・オバマ大統領に、離任前にパレスチナ国家を承認することを強く促しました。パレスチナ人のイスラエル人に対する絶え間ないテロ攻撃をただの一度も非難したことがないカーターは、歴史的にジュディア・ソマリアとされた地域(別名西岸)に住む60万人のユダヤ人を、“植民地への入植者”と扱い侮辱したのです。

バラク・オバマが、残り少なくなった彼の在任中に、ハマスを合法的“政権当事者”と見せかけるため、そのテロ活動を隠蔽する急先鋒だった人物からの提言に耳を傾けるかどうかは、はっきりしません。

しかし、これから6週間の間に何が起こるにしろ、1月20日が来れば、イスラエル・パレスチナ抗争の問題に取り組むのは、トランプ大統領と彼の国務長官です。

そこで私たちは、謹んで以下の提案をします。

先ず、68年は長すぎました!
アメリカはエルサレムをイスラエルの首都と認め、我々の大使館をそこに移すべきです。

第二に、二国家共存解決の妨げになっているのはイスラエルの入植地であるという呪文に、終止符を打つべきです
その代り、ガザにおけるハマスのテロリスト圧政を止めさせて下さい。ハマスが主導権を握っている限り、二国家ではなく三国家が存在することになります。即ちイスラエルの他に、ラマラとガザの二つのパレスチナで、彼らはイスラエルを憎むのと同じくらい、お互いを憎み合っているのです。

ハマスは何十年にも渡り、ユダヤ人国家を滅亡させることに全力を注いできました。冷血にも、彼らは市民の居住地に武器庫やテロ施設を混在させ、ガザの住人を危険に晒しているのです。彼らは、民家の復旧のために提供された建築資材を盗んで、イスラエル南部地域を脅かす大規模なテロ用地下トンネルを拡張することに使っています。それでも文明国はそれを咎めず、彼らには国際支援が流れ込み続けます。そしてハマスは、「パレスチナから全てのユダヤ人を排除せよ」と叫び続けるのです。

第三に、国連にメッセージを送るべきです。
アラブ・イスラム国家群が、国連の場でイスラエルを反ユダヤ憎悪の対象として鞭打つのを止めなければ、アメリカは国連人権理事会、ユネスコ、国連パレスチナ難民救済事業機関への今後の関わりを再評価するという、メッセージです。

新大統領、和平を構築するために国連を超えた大きな視野を持って下さい。あなたは、国連の「聖地」に関する不誠実な姿勢、シリア国内での殺戮を止められない無力、イラクのキリスト教徒迫害への沈黙を、知っています。なぜあなたは、これまでの歴代アメリカ大統領が辿った道― 言葉は雄弁だが空虚な約束、新しい夜明けが来るといいつつ結局、中東での殺害、暴力、破壊しかもたらさなかった道― を行かなければならないのですか?

この地域における人道的大惨事にも拘らず、アサドやアヤトラではなく、イスラエルだけが絶え間ない外交攻撃に晒されているのです。イスラエルは最近、たった一日のうちに10件の国連決議案のターゲットにされました!

世界の文化歴史遺産を保護する役目を国連から与えられたユネスコは、アラブからの圧力に屈し、つい最近、ユダヤ人にとっても最も神聖な地、そしてキリスト教徒にとっても神聖な地を、イスラム教のものであるとして、ユダヤ人の歴史を消し去る決議案を採択しました。

第四にトランプ氏、フランスに宣言して下さい。イスラエルが1967年6月(六日戦争)前の国境まで後退することを要求するいかなる国連安保理決議にも、あなたは拒否権を発動すると。

元外務大臣の故アバ・イバンがいみじくも“アウシュビッツ国境“と呼んだこの境界線は、8百万人のイスラエル市民を、それを超えて襲ってくる自爆テロリストと10万発のミサイル攻撃に直ちに晒すことになるでしょう。自国民をそのような危険な状態に置く国は世界のどこにもありません。イスラエルのどんな指導者もしないでしょう。

第五に、パレスチナ自治政府(PA)に、彼らが真に和平を望んでいることを示す振る舞いを始めることを要求して下さい。

和平を目指すパートナーならば、学校の名前に殺人者の名前を付けたりしません。パレスチナ自治政府が、新しい公立学校に1972年のミュンヘンオリンピックで11人のイスラエル選手を殺害した「黒い9月グループ」リーダーの名前を付けたという発表から、イスラエル市民はどのようなメッセージを得るのでしょう。

アバス議長には、ユダヤ人の隣人と共存することを教えないパレスチナの学校には、今後アメリカからの支援はないと告げて下さい。2016年現在、パレスチナの教科書は反ユダヤの悪口雑言に溢れていますが、この事実はオバマ政権によって見過ごされています。

そして、アメリカとヨーロッパから寛大な援助を受けているパレスチナは、8歳のパレスチナ児童2人にナイフを与え、ガザ地区に近いキブツまで連れて行き、ユダヤ人を殺せと命じた大人たちに責任があるのではないでしょうか。

新大統領、ユダヤ教徒であれ、キリスト教徒であれ、イスラム教徒であれ、全ての8歳児は平和な未来を生きる資格があります。

その高邁な目標を達成するため、あなたは、かつてのアメリカ大統領が誰もしなかった行動を取ることで、聖地に平和をもたらす新しいパラダイムを構築し始めることができます。それは、厳しい愛をパレスチナに与えることです

貴方は、真実を語り、パレスチナと平和な未来を遮っている唯一の障害は“憎しみ”であると明確にすることで、聖地に真の希望をもたらすことができるのです。

マーヴィン・ハイヤー師はサイモン・ウィーゼンタール・センターの創始者会長
エブラハム・クーパー師はサイモン・ウィーゼンタール・センターの副会長

ユダヤ教のお正月(ロシュ・ハシャナ)

rabbi-cooper-president-ilham-aliyev
アゼルバイジャンのアリエフ大統領に面会したクーパー師
(Trend News Agency)

ユダヤ人、特に正統派(オーソドックス)の友人を持つと、彼らが守っているさまざまなユダヤ教の決まりや祝祭日について、自然に学ばせられます。その端的な例が安息日(シャバット)で、彼らは金曜日の日没から土曜日の日没まで一切の仕事をしません。車の運転も、電気を使うことも、もちろんコンピューターを使うこともせず、家族で過ごすのが安息日です。私の友人のエブラハム・クーパー師も、金曜日の夕方から土曜日の夜までは、メールを送っても返事はしてきません。

彼らが年間を通して大切にしている祝祭日について、説明を聞くのも興味深いことです。

ユダヤ教の新年を祝うロシュ・ハシャナはその年ごとに異なりますが、今年は10月3・4日(2日の日没から)です。そして10日目の10月12日が贖罪の日(ヨム・キプル)で、ユダヤ教徒は、過去1年間に自分が犯した過ちを反省し、傷つけた人々に赦しを請うのだそうです。その5日後の10月17日から1週間は、収穫を祝う仮庵の祭り(スコット)です。

クーパー師は、これらの祝祭日の意味を、私へのメールで説明してくれました。

「新年にあたり、私たちは世界の全ての人々の平和のために祈ります。これらの聖なる日々が示すパワフルな概念は、神が私たち一人一人に、変わり、成長し、過去の過ちを正し、そしてよりよい未来を創造する能力を与えてくれた、ということです。神は、完璧な人間などいないことを知っています。しかし神は私たちに、“Teshuva”(人間として潜在的に持つ可能性にできるだけ近づくこと)を、自分の意思で行う力を与えたのです。」

この一連の祝祭日に関し、クーパー師が書いたエッセイが、最近 Huffington Post に掲載されました。  “ユダヤ教のお正月(ロシュ・ハシャナ)”の続きを読む