ヨム・キプール(贖罪の日)

エブラハム・クーパー師が語るヨム・キプール(贖罪の日)

ヨム・キプールは、ユダヤ教の新年 (今年は9月20日) から始まる10日間の贖罪が最高潮となる日です。

私たちは、全ての人々が前年の行動によって審判を受けると信じています。しかしその審判は、Teshuva ( 文字通り“戻る”或は“悔いる”こと) という美しい考え方によって加減されます。どういう意味かと言いますと、私たちは誰もが過ちを犯したり、判断を誤ることがありますが、そのことにより必ず罰せられる運命にあるのではない、ということです。私たちには、過ちを振り返り、これからはより良い人間になると誓うことで、元に戻り、変わる能力がそなわっているからです。

ですからヨム・キプールの日には25時間の断食をしますが、実際は喜びの日なのです。周りの人々に、そして神に、私たちの罪を赦して欲しいと頼むことで、より良く行動する機会がもう一度与えられると、信じるからです。

私たちは、「あなたの名前が『神の命の書』(これに名前を記されると健康でよい新年を迎えられる) に書いてありますように。」と、挨拶を交わし合います。

 

ユネスコ世界遺産会議へのメッセージ

ユネスコに向けてサイモン・ウィーゼンタール・ センターの声明
―ヘブロン保護の決議より、モスルにおけるISISのモスク破壊の批難を―

パレスチナ自治政府は、ユネスコに対して、ヘブロンにあるマクペラの洞穴をイスラエルから保護するよう要求しています。しかしこれはユダヤの歴史を否定し、イスラム化しようとする行動ではないでしょうか。

「今年は1967年の6日戦争(第三次中東戦争)から50年を記念する年です。また、50年前にユダヤ人が19年ぶりに初めてイスラエル・ベツレヘム・ヘブロンの聖なる地を訪れることができた年であり、同時に、イスラエルがユダヤ教徒・キリスト教徒・ムスリム教徒とっての聖地を保護してきて50年という記念すべき年でもあります」とエブラハム・クーパー師は語ります。

「ポーランドのクラカウで行われるユネスコ世界遺産会議にて、条約締約国21カ国はパレスチナのヘブロン保護の決議を含む34の案件について審議すると思います。しかし、先日ISISによって破壊されたモスルにあるモスクの保護については話されないでしょう。アラブ連盟やイスラム協力機構は、イスラエルがヘブロンにあるマクペラの洞穴をテロから保護しているという“罪”より、モスクを含む聖地を破壊し続けているという“罪”で ISISを批難するべきではないでしょうか」と主張します。

サイモン・ウィーゼンタール・ センターの代表として同センターの国際関係担当のシモン・サミュエル氏がクラカウでのユネスコ世界遺産会議に出席する予定です。

(補足)
マクペラの洞穴・・・パレスチナ自治区のヘブロンにあり、アブラハムなどの聖人が埋葬されておりユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒から神聖視されている宗教史跡。イスラエル政府は、2010年から同聖地の修復・保護に取り組んでいます。

パレスチナとユネスコ・・・パレスチナは2009年にユネスコに参加して以来、マクペラの洞穴や嘆きの壁をイスラムの遺産として認められるよう政策に取り組んできました。

2016年にはユネスコは、ユダヤ人と嘆きの壁など数か所の聖地の歴史的つながりを否定する決議を採択しました。(賛成24国、反対6国、棄権26国で、米、英、独、オランダ、リトアニア、エストニアが反対し、日本は棄権)。7月2日からポーランドのクラカウで開かれるユネスコ世界遺産会議でも、イスラムのマクペラの洞穴として、保護の決議が審議される予定です。

                  (日本語訳・補足説明:杉中亮星)

ユネスコ:ユダヤ人と聖地の歴史的繋がりを否定する決議を採択

ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)は教育、科学、文化の発展と推進を目的として、1946年に設立された国連の専門機関です。憲章の前文には「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」と謳われています。

ユネスコは先月、ユダヤ人と聖地エルサレムの歴史的繋がりを否定する二つの決議を採択しました。

先ず、アルジェリア、エジプト、レバノン、モロッコ、オマーン、カタール、スーダンが、エルサレムの旧市街地にあり彼らが「アルアクサ寺院」と呼ぶ地域でのイスラエル政策を非難する決議案を提出しました。その地域は、ユダヤ人にとって最も神聖な場所である「嘆きの壁」を含み、ユダヤ人の間では「神殿の丘」と呼ばれています。決議案は、その地をアラブ名だけで呼び、ユダヤ人とその地の歴史的繋がりを否定する内容でした。

wall1

「嘆きの壁」がある「神殿の丘」

決議案はユネスコ役員会により票決が行われ、賛成24国、反対6国、棄権26国で採択されました。反対したのは米、英、独、オランダ、リトアニア、エストニアの6国だけで、日本は棄権しました。

その翌週、今度はユネスコの世界遺産委員会が、同様な決議案を採択しましたが、そこでも「神殿の丘」という呼称は使われず、アラブ名のみが使用されました。決議案は秘密票決の結果、賛成10国、反対2国、棄権8国で採択されました。

旧約聖書の記述のみならず、数多くの考古学的発見により証明されているユダヤ人と「神殿の丘」さらにはエルサレムの歴史的繋がりを完全に否定する決議案は、イスラエル国家の正当性に挑戦するアラブ諸国の活動の一環としか考えられません。

これらの決議案には、国連の潘基文事務総長、ユネスコのイリナ・ボコヴァ事務局長、ホワイトハウス、米議会なども反対しましたが、ヨーロッパの多くの国が反対ではなく棄権に回ったのは、国内に抱えるアラブ系移民を刺激したくなかったためと、考えられます。

日本が棄権を選んだ理由ははっきりしません。

この問題に関するエブラハム・クーパー師の意見記事

ニューデリーで「ユダヤ人の歴史」展開催

サイモン・ウィーゼンタール・センターとユネスコが共同製作したパネル展示 「People, Book, Land: The 3500 Year Relationship of the Jewish People with The Holy Land 」 が、インド、ニューデリーの 「ガンジー芸術センター」 でオープンしました。エブラハム・クーパー副所長、駐インド米国大使、イスラエル大使、スェーデン大使、そしてインド国内のイスラム教指導者などが参列しました。

展示は、3500年にわたるユダヤ人と聖地の繋がりを辿るものです。

クーパー師は、ニューデリーの新聞 『Sunday Guardian』 のインタビューに答えて、この展示が語るものを、以下のように説明しています。

「私たちは、ユダヤ人に関する疑問に答えるような展示を作りたいと思いました。例えば、世界中のユダヤ人はいったいなぜ、中東の聖地に特別の愛着の念を抱くのでしょう。この愛着は、ユダヤ人が世界のあちこちに離散していた何千年もの間、グーグルも、スマホも、ラジオもテレビも、実際のところいかなるコミュニケーションの手段も無い時代も、失われることはありませんでした。ユダヤ人をかくも長く支えてきた価値とはどんなものだったのでしょう。そして彼らはどのようにして、その地に帰ったのでしょう。この展示は、ユダヤ人の歴史に脈々と流れてきた価値・本質的権利・人間性を語るものです。」

Daniel Carmon 駐印イスラエル大使のツィターから

オープニングセレモニーの様子
(駐印日本大使館から、クーパー師の友人の曽根健孝氏も参加しています)

ミクヴェ(沐浴場)

ユダヤ人が身を清めるために入るというミクヴェ(沐浴場)のことは、これまで聞いたことはありましたが、本物は見たことがありませんでした。

最近エルサレムに旅した私は、そんなミクヴェの一つを実際に見ることができました。何代もイスラエルに住んできたユダヤ人の子孫である、ガイドのローネン・マリク氏が案内してくれたのですが、それはヨルダン川西岸にありました。彼によると、2000年前のものとされるこのミクヴェが発掘されたのは、アブラハムが息子のイサクと共に歩いたと言われる「Patriarch way」という街道沿いでした。

micveh

            2000年前のミクヴェの前で

“イスラエル・ユダヤ・中東がわかる雑誌”として知られる『ミルトス』最新号6月号に、ちょうどミクヴェに関する記事が出ています。

“ミクヴェ(沐浴場)”の続きを読む