Dreams Never Dreamed

 

この本は、昨年エルサレムに訪問しインタビューさせて頂いたカルマン・サミュエルズ師が、世界最大級の障がい児施設 Shalva を開設するまでの体験を綴った著書です。

以下は、昨年インタビューを基に書いた記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

障がい児施設 Shalva を訪ねて

徳留絹枝

今年5月、テルアビブで開催された国際歌謡コンテスト「ユーロビジョン」で、障がいを持つ若者で構成された Shalva Band が世界中の人々を感激させた。(コンテストを勝ち抜いていたが、リハーサルが安息日にかかり辞退。セミファイナルに特別出演した。)

Shalva Band は、エルサレムにある障がい児施設 Shalva のミュージックセラピーの一環として結成された。今ではイスラエル国内はもちろん、世界の場で演奏する人気グループに成長した。Shalvaは、ヘブライ語で「心の平安」を意味する。

1990年、たった6人の障がい児のためにスタートした Shalva は、今や、知的・身体障がいを持つゼロ歳児から成人まで二千人に、多岐にわたるサービスを提供する世界最大の施設になった。親を対象としたプログラムもあり、障がいを持って生まれた子供の育児に戸惑う親に希望を与えることを目指す。幼稚園プログラムは、教育者・ソーシャルワーカー・セラピストが一緒に作り上げるクラスで、健常児との交流もある。学童児の放課後リハビリ・レクリエーションクラスは、スポーツ・ドラマ・アート・音楽・水泳など、施設内のコートやプールを利用してのプログラムだ。そして青少年に達した者には、調理師などへの職業訓練を提供する。(訪問時に私がお茶を頂いた喫茶店でも卒業生が働いていた。)各種セラピーは、最新の学術的成果を取り入れた内容で、研究者にとってもフィールドワークの場になっているという。

Shalva 設立者のカルマン・サミュエルズ師にお話しを伺った。

私はカナダのバンクーバーで生まれました。ユダヤ系ですが、宗教はそれほど身近に感じずに育ちました。1970年、大学1年を終えた段階で、フランスで哲学を学ぶために留学することになりました。途中イスラエルに寄ってみてはという母の勧めで、夏休みの2週間をイスラエルで過ごすことにしました。そして私はフランスへは行かず、それどころかカナダにも帰らなかったんです。イスラエル滞在中に訪れたキブツやそこで出会ったラビに大きな影響を受け、結局7年間イスラエルで学び、ラビになりました。その間妻となる女性と出会い、結婚しました。

私たちの二人めの子供のヨシは、11カ月の時に受けた予防接種に問題があり、視力と聴力を完全に失ってしまいました。知人の多くが、施設に預けてはと助言してくれましたが、妻と私はこの子を自宅で世話すると決心しました。

私たちはヨシに心からの愛情を注いで育てましたが、暗闇と沈黙の世界に閉じ込められた彼には私たちとコミュニケートする術がなく、妻は夜よく泣いていました。

奇跡が起こったのはヨシが8歳の時でした。視聴覚障がい専門のセラピストが、ヨシの手のひらにテーブルを表わすヘブライ語のスペリングをなぞっていると、彼は突然、その意味(彼が触っている物体の名前だということ)を初めて理解したのです。ヘレン・ケラーが水とその名前を理解した瞬間と同じでした。

その日を境に、ヨシの世界は一気に広がりました。他の教師が教科を教え、数年後にヨシは、知的には普通の10歳の子供になったのです。

そんなある日、妻が私を座らせて語り始めました。「神様は奇跡を起こしてくれた。私はかつて、ヨシを助けてくれるなら、私と同じような状況におかれた母親を助けることに自分の余生を捧げる、と神様に約束していた。今こそそれを始めるときだと思う。」

妻は、障がい児のために放課後プログラムを開きたかったのです。(子供たちは午前中は特別養護学校に通う)私たちはアパートを借り、近隣のそのような子供6人を対象にクラスを開始しました。やがて、人づてに私たちのクラスを知った障がい児の親が次々にやって来たので、隣のアパートも借り、プログラムはどんどん拡大していきました。最終的には、400人もの子供たちにサービスを提供するようになったのです。

2005年、イスラエル政府が私に相談に来ました。国が7エーカー(東京ドームの6割の広さ)の土地を提供するので、私たちが続けて来たプログラムをさらに多くの子供に提供して欲しいというのです。それで私たちは新しい Shalva センター建設に取り組むことになりました。国は10憶円の建築費用を出してくれましたが、残りの55億円はファンドレイジングしなければなりませんでした。また隣接するホテルが障がい児の施設建設に反対し、その問題を解決するのに5年もかかり、結局完成したのは10年後でした。

妻と私が何より目指したのは、inclusion という思想です。Shalva のサービスは、基本的に申し込み順で無料提供され、人種・宗教・家族の経済状況などによる差別は全くありません。裕福な家庭は任意で寄付をすることができますが、それによって彼らの子供を特別扱いすることはしません。

Shalva では今400人の職員が働き、この種の施設では世界最大です。世界から毎年5万人の見学者がやってきます。

息子のヨシは43歳になり、独立してコンピューター関連の会社で働き、人生を楽しんでいます。

      ブッシュ大統領を訪問したヨシさんとサミュエルズ師

振り返ってみると、私にとって一番辛かったのは、彼が11か月で視力・聴力を失った時、我が子のために自分が何もしてあげられないという無力感でした。だからこそ、セラピーを通して奇跡的に彼の世界が開けた時、妻と私は、同じような障がいを持つ子供たちとその親を支援し希望を与えるために、余生を捧げようと決心したのです。

それにしても人間の運命というものを感じます。私が、フランスに留学する前にイスラエルに立ち寄らなかったら、深い宗教心を持っていたわけでもないカナダの若者が、宗教心の深いイスラエルの女性と出会って結婚することはなかったでしょう。そして息子のヨシに何も起こらなかったら、今の私はないのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サミュエルズ夫妻の固い信念の実現には、世界のユダヤ人コミュニティからの支援があった。彼の故郷バンクーバーのユダヤ人篤志家や、ロサンゼルスのサイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)理事夫妻が、これまで多額の寄付をしてきたという。現在は世界各地に Shalva の支援団体があり、その活動を支えている。

因みに今回のインタビューは、SWC  副所長エブラハム・クーパー師にアレンジして貰ったのだが、サミュエルズ師と SWC 設立者所長マーヴィン・ハイヤー師との繋がりは50年以上も前に遡るのだという。バンクーバーのシナゴーグに着任したばかりの20代の若いラビだったハイヤー師が、初めてバーミツバ(ユダヤ人男子が13歳になった時の儀式)を司ったのが、サミュエルズ少年だったからだ。

クーパー師は昨年、バーレーンの宗教指導者グループを Shalva に案内している。アラブ国からの正式訪問団として初めてイスラエルを訪れた一行は、Shalva の子供たちの明るさとスタッフの献身に感動して帰ったという。

サミュエルズ師のマリキ夫人のアイデアが全館に取り入れられたというShalvaは、正面がガラス張りで隅々まで陽光が差し込み、この施設で働くスタッフに多くのカップルが生まれて結婚したというエピソードが示すように、愛に溢れた場所だ。

インタビューが終わると、サミュエルズ師は、つい数日前に出たばかりだという彼の著書『Dreams Never Dreamed』を下さり、私がヘブライ語を読めないことを知りながらも、記念に受け取って欲しいと言った。英語版は来年初めに出るそうだが、日本でもShalvaの活動が知られ、障がい児教育に関心を持つ人々が訪問するようになって欲しい。

                             Shalva設立者 カルマン・サミュエルズ師と筆者 

*この記事を書いた後、Shalva  Band は米国に演奏旅行に行きトランプ大統領のためにも歌いました。

Hate Crimes against Asian Americans in the Coronavirus Crisis: Lessons for Japan

Kinue Tokudome

The Japanese original was published on Ronza, April 20, 2020
https://webronza.asahi.com/culture/articles/2020041700005.html?page=1 

As most of us in the US are now required to stay at home because of the coronavirus, I have more opportunity to speak with some of my friends who are normally very busy. Recently, I spoke with Rabbi Abraham Cooper, Associate Dean and Director of Global Social Action Agenda of the Simon Wiesenthal Center via Zoom.

Our conversation inevitably turned to the coronavirus and how it was affecting our lives. After sharing each other’s family situation under the restriction, we talked about anti-Asian American incidents that were happening with the spread of the coronavirus across the US. In less than a month, many things happened:

On March 18th, President Trump was challenged by a reporter during a White House press conference as to why he kept using the term “the Chinese virus” which many people complained as racist. He responded, “It’s not racist at all. It comes from China, that’s why. I want to be accurate.”

He also mentioned that a Chinese Foreign Ministry spokesperson who tweeted in the previous week, “It might be US army who brought the epidemic to Wuhan.” President Trump declared, “That can’t happen…It comes from China.”

Yet on March 23rd, President Trump tweeted, “It is very important that we totally protect our Asian American community in the United States…the spreading of the Virus is NOT their fault in any way, shape, or form. They are working closely with us to get rid of it. WE WILL PREVAIL TOGETHER!”

A group of Asian Americans and Pacific Islanders’ organizations created a website, “Stop AAPI Hate,” in mid-March and have been monitoring anti-Asian hate crimes. Those who experienced harassments or physical attacks could report to this site not only in English but in Chinese, Korean, Thai, Japanese, Vietnamese, and some other Asian languages. It received 1,135 reports in two weeks. They ranged from verbal attacks like “Go back to China!” to physical attacks like being pushed or being sprayed disinfectant, and various forms of vandalism. Hate speech on the Internet was also reported. The most serious incident took place when a 19-year-old man in Texas stabbed a Chinese family with two young children, saying that they were spreading the virus. This incident led the FBI to issue a warning that “hate crime incidents against Asian Americans likely will surge across the United States, due to the spread of coronavirus disease…endangering Asian American communities.”

On March 25th, Congresswoman Grace Meng, representing the Queens area in New York where many Asian Americans, especially Chinese Americans, live, introduced a resolution, “Condemning all forms of anti-Asian sentiment as related to COVID-19.” (COVID-19 is the official name decided by WHO.)

The resolution calls for, among other things, “All public officials to condemn and denounce any and all anti-Asian sentiment in any form” and “Federal law enforcement officials, working with State and local officials, to expeditiously investigate and document all credible reports of hate crimes, incidents, and threats against the Asian-American community in the United States.”

As Rabbi Cooper had decades of experience of combatting anti-Semitic hate crimes, both in the real world and on the Internet, I asked him how he was assessing the current situation and if there were any lessons for Japanese people.

He asked me if I had watched Bill Maher’s recent commentary on “the Chinese virus.” Bill Maher is a political commentator and TV host. I happened to have watched that commentary. Although Bill Maher is hardly a Trump supporter, he nonetheless agreed with President Trump that we should call the coronavirus as “the Chinese virus.” Bill Maher explained:

 
Scientists, who are generally pretty liberal, have been naming diseases after the places they came from for a very long time… Zika is from the Zika Forest, Ebola from the Ebola River, hantavirus the Hantan River… here’s the West Nile virus and Guinea worm and Rocky Mountain spotted fever and, of course, the Spanish flu… no one blogs about it. So why should China get a pass?

This is about facts. It’s about life and death. We’re barely four months into this pandemic, and the wet markets in China — the ones where exotic animals are sold and consumed — are already starting to reopen…

Sorry, Americans. We’re going to have to ask you to keep two ideas in your head at the same time: This has nothing to do with Asian Americans, and it has everything to do with China…We can’t afford the luxury anymore of non-judginess towards a country with habits that kill millions of people everywhere.

Rabbi Cooper said that he believed most Americans would agree with Bill Maher’s commentary. He then shared his thoughts.

“We only have to look at the heroic actions of first-responders, health care professionals, charities, and community volunteers during the coronavirus pandemic to remind us that crises can bring out the best traits in our fellow Americans. Sadly, however, they can also bring out the worst. That is why we need to remain vigilant to fight hate, conspiracies, and scapegoating.

“While it’s clear the Chinese government covered up key information about the coronavirus’ initial outbreak in Wuhan, we need to remember that it is the people of China who were the first victims of this policy.

“During the Black Plague in Europe in the Middle Ages, Jewish people were scapegoated and killed mercilessly by fanatics across the continent. Over 600 entire Jewish communities were destroyed. Many killers claimed that Jews had poisoned wells to spread the plague, or that the plague was a Jewish plot to decimate Christian communities. Never mind that Jews died in horrific numbers during the plague as well. Sadly, modern anti-Semites are right now on the Internet weaving similarly insane conspiracy theories blaming Jews for spreading coronavirus.

“We all must reject any and all efforts seeking to conflate justified anger at the Chinese communist government with anger towards Asian-Americans. We should never blame immigrants from Asia or any country for the actions of a foreign government they have no control over.

“And we must reject the anti-Semites who are always lurking for times of crisis, anger, and uncertainty to spread their cancerous hatred of Jews.

“So, moving forward, people in Japan, in the US, and around the world have an obligation to differentiate between a communist regime and the people of China. Otherwise, the concerns and anger will be taken out on the wrong target and Beijing will evade their global responsibilities.

“Secondly, the World Health Organization chief is in Beijing’s back pocket. If the WHO is to survive, he needs to be removed. He did not demand that the Chinese government provide an accurate and full account of the coronavirus outbreak when it first occurred in Wuhan. He was also reluctant to declare the situation as a pandemic. This situation presents Japan an opportunity—which I am certain the Foreign Ministry will not take— to demand accountability for its financial contributions to the WHO.  (On April 14, President Trump announced that the US would suspend its funding to WHO while it reviews the agency’s response to the coronavirus pandemics.)

“As for anti-Chinese hate speech on the Internet, the Simon Wiesenthal Center can help. I want Japanese people who find such postings to send us links to  ireport@wiesenthal.com and we will immediately forward to social media companies to pressure for its removal, the same procedure we follow for any threatening online hate postings. We just turned over a list of some 45 channels on social media platforms to US Attorney General Barr and US Homeland Security officials, that promote lurid conspiracy theories linking Jews to the pandemic.

“The bottom line is that it is not a hate crime to strongly criticize the Chinese government for their irresponsible behavior that put health of the people around the world at risk. Citizens in democracies have the right and obligation to express their opinions.”

 
The Japanese media have been reporting on the alarming increase of anti-Asian American hate crimes in the US since the spread of coronavirus there. But it is not a simple issue as Bill Maher’s commentary illustrated. According to a recent Harris Poll, 52% of American people agreed with President Trump’s calling the virus, “the Chinese virus.” The House resolution against anti-Asian hate crimes, whose 144 co-sponsors are all Democrats except one, has not been debated yet.

In addition, as some mainstream media in the last few days have been reporting in detail how the Chinese government hid crucial information in the early stage of the coronavirus outbreak, Rabbi Cooper’s warning on the importance of distinguishing legitimate protest against the Chinese government and hate crime is even more important now.

Japan has a history of discriminating against the very people who suffered diseases. Will the fight against coronavirus bring out the best traits in Japanese people or bring out the worst? I sincerely hope it will be the former.

「記憶」が持つ普遍の力を信じて

サイモン・ウィーゼンタール・センター副館長
エブラハム・クーパー師 (通訳:徳留絹枝)

2000年2月17日 衆議院第二議員会館

本日は、「恒久平和のために真相究明法の成立を目指す議員連盟」の皆様からご招待を頂き、このようにお話しできますことに、心から感謝申し上げます。

今日、皆様と私を引き合わせたものは何なのでしょうか。共通の言葉でしょうか。いいえ、私は有能な通訳がいなければ皆様と対話を持つことはできません。共通の文化でしょうか。いいえ、私達は共に野球を愛し、最新技術に魅せられ、同様のファッションを追いかけたりはしますが、それぞれの持つ文化の違いは、私達の間に横たわる太平洋ほど深いものです。それでは共通の宗教でしょうか。いいえ、今日お集まり頂いた皆様の中にユダヤ教信者の方がいらっしゃるとは思えません。

私が、今日こうして皆様と共におりますのは、サイモン・ウィーゼンタール・センターと寛容の博物館を代表する私が、私達の間にあるさまざまな違いを超越したところで私達が共有している普遍的真実があるはずだということを、信じているからです。そしてその真実こそは、私達全員の将来にとって最も重要な鍵であると信じるからです。

ユダヤの賢人は、記憶の中に再生への可能性が秘められ、忘却の中に破滅への道が潜んでいると説きました。確かに、歴史の真実を知ることは必ずしも快い体験とは限りませんし、何かを保障するものでもありません。

今世紀は、ユダヤ人にとって、祖国を持つという2000年来の夢が叶った時代でした。1950年生まれの私は、同世代の何千人という若いユダヤ人と同様、聖なる地イスラエルでモーゼの伝統を学ぶという機会に恵まれました。しかし同時に、今世紀のユダヤ人の体験は、そのような輝かしい出来事以上に暗い出来事で、新しい命の息吹ではなく民族の絶滅のイメージで、希望ではなく恐怖で彩られていたと言えると思います。アウシュビッツ・トレブリンカ・マイダネックといった土地の名前、或いはヒトラー・アイヒマン・メンゲレといった人物の名前を耳にするだけで、ホロコーストの生還者は、犠牲となった600万人の愛する者達の亡霊を垣間見るのです。そしてその中には、150万人の子供達が含まれていました。私達の世代がそれらの名前によって掻き立てられる感情は、怒りであり、不安であり、時としては叶うことのない復讐への欲求でさえあります。

そうであればこそ、本当に長い年月、自由主義諸国の政治指導者達が、ユダヤ人指導者達が、そして親や教師達が、同じアドバイスを与え続けてきたのです。…もう過去のことは忘れよう。許し忘れて、未来に向かおうと。…

たった一人を除いて誰一人、ナチスによるユダヤ人絶滅計画がやがてカンボジアやイラク・ルワンダ・そしてユーゴスラビアでの大量虐殺に繋がっていくことを、考えた人間はいませんでした。このたった一人のホロコースト生還者がいなかったなら、世界はホロコーストの悲劇を忘れていたかもしれません。しかしサイモン・ウィーゼンタールは、決して世界にホロコーストを忘れさせはしませんでした。彼は、決して次の世代の若者に憎しみを引き継ぐことをさせなかったのです。

今年91歳になるサイモン・ウィーゼンタールは、戦前は建築家になる勉強をしていましたが、ホロコーストで夫人と共に89人の家族を失い、自分自身は45キロまで痩せ衰えて地獄の淵から生還しました。そして彼は、記憶の守り手になったのです。1945年5月の開放の日から、ヴィーゼンタールは兵を持たない戦士として、肩書きのない外交官として、教会を持たない伝道師になりました。絶滅収容所の絶望のどん底にあって、彼は、世界がその後50年かかってやっと学ぶことができた教訓を、既に本能的に悟っていたのです。すなわち、戦争と人種偏見と反ユダヤ主義と大量殺人によって破壊されてしまった世界に、正義と理想を取り戻す唯一の方法は、罪もなく犠牲になった一人一人を決して忘れないことであり、人々が他人への思いやり・公平・寛容といった価値観を取り戻す唯一の方法は、犯罪者を公正な法の下に裁くことであるという教訓です。ウィーゼンタールは、殺人者の子供達にも犠牲者の子供達にも同じメッセージを伝えてきました。即ち、集団としての責任を考えることは大切だが、新しい世代が集団的罪悪感をもつ必要はない、ということです。復讐心に根ざした行動ではなく、法の下での正義を求めなさいというメッセージです。

つい先ごろストックホルムでは、スエーデン政府がホロコーストの歴史と向かい合う国際会議を主催し、40ヶ国の元首が参加しました。しかし、ウィーゼンタールは、それに先立つ55年間もの長い年月に渡り、無関心な世界に向かって「毎日が追悼の日でなければならず、沈黙は過去の容認である。歴史を忘れることは、次の世代の殺人者を生み出す可能性につながり、過去の犯罪の隠蔽をもたらす。」と訴え続けてきたのです。

サイモン・ウィーゼンタールが、祖国オーストリアにヨーク・ハイダーという危険な政治家が登場するのを見届けるまで生き長らえたという事実には、何か正義の力が働いているように思えてなりません。確かにハイダーは、民主主義に乗っ取った正当な方法でその権力を手にいれました。また、彼は1943年当時(ユダヤ人殺戮のピーク)のヒトラーほど危険ではありませんし、1933年(ヒトラーが政権を掌握した年)、1923年(ミュンヘンで政権転覆を図ったヒトラーが国家反逆罪で逮捕された年)のヒトラーでさえないかもしれません。しかし、ウィーゼンタールは、ヒトラーが頭角を現した当時、人々が彼をまともに相手にせず無関心でいたことを、世界中に思い出させるのです。そして、人々の無関心こそが、扇動政治家には何よりも必要だったのです。ですから、今回世界が、ウィーゼンタールが訴え続けてきたメッセージに耳を傾け、沈黙を選ばなかったことに、私達は希望を見出すことができます。欧州連合の諸国をはじめ幾つかの国々が、オーストリアで起きたこの政治的展開を断じて容認できないと、明確に伝えたからです。

今回中央ヨーロッパで起きた出来事は、過去の暗い歴史の記録をなぜ私達が全て公開しなければならないかを、改めて教えてくれます。また、ウィーゼンタールの名前を冠する私共のセンターが、合衆国議会での「ナチ犯罪資料公開法」の通過を強力に支援したこと、その法律が上下両院で圧倒的多数の賛成を得て成立したことをどれほど誇りに感じているかも、ご理解いただけると思います。この法律によってようやく人々の目に触れることになった新しい資料は、ナチスドイツばかりでなく、それに対して当時のアメリカがどんなに不適切な政策を採っていたかという問題に関しても、さらなる洞察を提供することになるでしょう。それらの政策のあるものは、ヨーロッパユダヤ人の運命を封じてしまうという悲劇をもたらしましたし、戦後においては、夥しい数のナチ戦争犯罪人のアメリカ入国を可能にしてしまったのです。

私は、クリントン大統領がこの法律にホワイトハウスの執務室で署名する式典に招かれ参列したことを、アメリカ市民として大変誇りに感じました。ウィーゼンタール・センターは、ダイアン・ファインスタイン上院議員が提出した、アジア太平洋戦争に関する全ての資料にも同様な取り組みを求める法案をも、当然支援しています。そしてこの法案も、ホワイトハウスでの署名式典で正式な法律になるものと確信しております。

私は、今日このようにして、私共と全く同じ目的のために努力を続けてこられた日本の国会議員の皆様と同席できますことを、本当に光栄なことだと感じております。皆様がなさろうとしていることは、恒久平和の達成のために、大変つらい過去であっても、歴史の真実という重要な遺産を、次の世代に残そうとするご努力だからです。

しかし残念なことに、1930年代・40年代の戦争犯罪への取り組みに関する限り、日本ではまだコンセンサスは出来上がっていないようです。活動家の皆さんのご努力にも拘わらず、この問題に関する日本での論議は、私達の目には往々にして、冷静で真摯な歴史究明ではなく感情的な応酬に陥ってしまっているように映ります。

日本の戦争犯罪の問題は、あまり話題にならない時期が長く続いていましたが、最近になっていくつかの出来事があり、世界の関心を集めることになりました。中でも特筆すべきは、アイリス・チャン氏が書いた「レイプ・オブ・南京」という本が、多くの読者の心を捉え、世界的なベストセラーになったということです。しかし日本国内では、ストックホルム会議の壇上でドイツのシュローダー首相が過去に対する責任を改めて認め、ナチ主義の犠牲となった人々への追悼を表明しているまさに同じ時期に、国粋主義グループが、南京虐殺を否定或いはその規模を小さく見せようと試みる会議を、大阪で開催しました。またある人々は、昭和天皇の歴史的評価を高めようと、アジア諸国の何百万人の人々に訪れた“開放”が、日本の占領と支配の結果によるものだったと、歴史を美化しようとしています。右寄りでも左寄りでもない普通の日本人でさえ、加害者であった自国の歴史に向かい合わず、原爆の被害者としての意識だけを持ち続けているという意味では、間接的にこれらの歴史修正派の手助けをしていると言えるでしょう。

そうであればこそ、皆様が目指しておられる法律の成立が何より重要なのです。皆様のご努力は、日本の若者達が人道的価値観を育んでいく過程において、大きな助けになるにちがいありません。

カリフォルニア州ロサンゼルスに本部を置く私共のセンターは、環太平洋地域にある唯一のユダヤ人人権擁護団体です。また世界で最も数多くの会員を有するユダヤ人団体でもあります。サイモン・ウィーゼンタール・センターと日本との繋がりは、もう15年も前に遡ります。私共の最初の活動は、この国で反ユダヤ主義の書物が数多く出版された時、反ユダヤ主義が歴史的にどんな悲劇を巻き起こして来たかを日本の人々に知ってもらうことでした。私達の次の活動は、ホロコーストの歴史或いは他のユダヤ人歴史に関して、日本のメディアで報道された誤りを正すことでした。私は、私共のセンターが製作した展示「勇気の証言」の日本語版が、日本全国40余りの都市で100万人を越す方々にご覧頂けたことを、大変誇りに思っております。

そして、私共のセンターが日本の方々と一緒に活動していきたいと考える三つめの理由があります。それは、歴史の真実と記憶の価値を守る為の戦いです。この問題に関しましては、第二次世界大戦中に日本軍によって被害を受けた人々に対する金銭的補償の要求など、それが正当な要求であるか否かはともかく、いろいろな団体がそれぞれ異なる理由から活動しています。それらの団体の中には、私共が共感を覚える団体もありますが、私共は決して彼らの行動をコントロールしてはおりませんし、コントロールしたいとも操りたいとも考えておりません。そしてさらに付け加えるならば、私共は、歴史的根拠もないまま、第二次世界大戦中の日本の行動を非難したり、日本或いは日本国民、そして日米関係を傷付けようと試みるグループには、全く与するつもりはありません。私共の目指すものは、他の全てのグループとは明確に異なるものです。サイモン・ウィーゼンタール・センターは、第二次世界大戦時の全ての資料の公開こそが、歴史の真実を究明し日本とその隣国との間の和解への基礎を築く道であると、信じています。これこそが、私共が取り上げたい問題であり、日本そして米国両国に考えて欲しい問題なのです。

超党派でこの問題に取り組んでいらっしゃる皆様の同志として、ここに立つことを、私が大変名誉に思う理由はそこにあります。なぜなら、サイモン・ウィーゼンタール・センターが日本・米国・中国・ロシアが現在所有している歴史的資料を国際歴史調査委員会に対して全て公開するよう提案している現在、皆様の活動は、国際的な意味を持ってくるからです。私は、著名な歴史家によって構成されるそのような歴史調査委員会が、日本政府の呼びかけによって東京に設置されることを期待しております。そしてその委員会の唯一の目的は、歴史の真相究明という事業を政治から切り離すことにあります。一旦、この委員会がその事業を完成させ、その成果を公表したならば、それらは、将来の世代が過去の教訓を学ぶうえで、基本的な拠り所となることでしょう。

全ての歴史資料の公開という私共の主張はワシントンにも向けられています。私自身ジャネット・リノ司法長官・国防省関係者と面談し、太平洋戦争関連の資料の公開を要請しました。それらの資料には、大戦終結後、非人道的な人体実験から得られたデータと交換にアメリカが日本の戦争犯罪人に与えた免責に関するものも含まれています。免責はアメリカが犯した重大な過ちでありました。なぜ免責を与えてしまったのか、いったい誰がその決断を下したのかを知ることは、歴史家や一般の人々にとって、生きた人間を使って行われた731部隊その他の恐るべき実験施設の実態を知ることと同じ位に、重要なことなのです。

皆様の多くも御存知のように、日本の政府高官は今日に至るまで、731部隊に関わった者達に関する情報も含めて、これらの資料が存在することさえ認めていません。ワシントンの関係者達も、この問題に誠意をもって取り組んでおりません。しかしこの問題は、両国のこのような不誠実な対応を容認するには、あまりにも重要すぎるのです。歴史の真実は、政治を越えたところに存在するべきだからです。日米間の敵対関係を正式に修復するために戦後日本とアメリカの間で結ばれた講和条約は、政治的なものでした。それは日本国の主権回復に関するもので、責任に関するものではありませんでした。しかし「記憶」こそは、真の信頼関係の根底にあるものであり、将来の国際関係や国民と国民の関係を左右していくものなのです。

21世紀を迎えるに当たり、思慮深い日本人達がアジア太平洋地域との関係を考える際、参考にできる二つのモデルがあります。最初のモデルは、戦後のドイツとユダヤ人の関係です。ドイツが自らの過去に対して人道的責任を認めたことで、彼らは、ユダヤ人社会との関係を、徐々にではありますが正常化させることに成功しました。もう一つのモデルは、1915年に起った悲劇をめぐっていまだに癒されていない、トルコとアルメニアの間の対立関係です。

「陰謀」の専門家ではなく「記憶」の専門家であるサイモン・ウィーゼンタール・センターは、皆様が日本政府に最初のモデルを参考にするようにと働きかけていく努力を、支援したいと思います。アジア諸国の人々の中に今でも残る心の傷を癒そうと努力することで、日本は、彼らの不信感を取り除くでしょうし、戦後、他の分野で達成した輝かしい成功に「信頼」という一項目も付け加えられることでしょう。

最後に、記憶と正義と和解のために続けておられる皆様の尊いご努力に、改めて敬意を表し、私共からの変わることない支援と協力をお約束して、私の講演を終らせて頂きます。

*この講演は、当時の民主党議員が中心となり活動していた「恒久平和のために真相究明法の成立を目指す議員連盟」の招待を受け、行われたものです。

Israel: Not just a start-up nation

By Kinue Tokudome

The Japanese version of this article appeared on Ronza on Nov. 13.

Israel has been called a “start-up nation” due to its advancement in many areas of technology. Over the past few years, the economic exchanges between Japan and Israel have seen rapid growth. On the diplomatic side also, the relationship has deepened since Prime Minister Abe and Prime Minister Netanyahu made mutual visits, and security cooperation has progressed. As the number of Israeli tourists visiting Japan is increasing, the exchange between the two countries is expanding as never before. ElAl’s direct flights between Tokyo and Tel Aviv from March next year will surely accelerate this trend.

Meanwhile, news coverage on Israel in Japan seems to have converged into only two areas, its relations with the Palestinians and its high-tech industry. As a result, Japanese people do not have an accurate picture of Israeli society. The task of rectifying this situation cannot be done overnight. But for the past two years, I have been visiting Israel and interviewing people, whose stories I believed would help such a task.

Here are two organizations I visited last September.

Shalva

In May of this year, the international song contest “Eurovision” was held in Tel Aviv and the Shalva Band, made up of young people with disabilities, inspired people around the world.

Shalva Band was formed as part of the music therapy at Shalva, a facility for children with disabilities in Jerusalem. It has grown to be a popular music band that performs not only in Israel but worldwide. Shalva means “Peace of Mind” in Hebrew.

Shalva, which started with only six children with disabilities in 1990, is now the world’s largest facility offering an all-encompassing range of services to 2,000 children with disabilities from infancy to adulthood and their families.

An early intervention program for babies and their mothers also aims to give parents who struggle with raising a child with disabilities hope. Day Care and Preschools offer an enriching curriculum created by educators, social workers, and therapists that includes interaction with mainstream children. In the after-school program, children enjoy daily therapy-oriented activities like sports, drama, arts, music, and swimming. Young adults have the opportunity to receive vocational training.

Here is my interview with Rabbi Kalman Samuels, the founder of Shalva.

“Our second child, Yossi, became blind and deaf when he was 11 months old after he received a vaccination, which had a problem. Some of our friends advised us that we should put Yossi in an institution. We were determined to raise him at home. But we could not communicate with Yossi, and my wife often cried at night.

And a miracle happened when Yossi was eight years old. A special therapist finger-spelled into the palm of his hand the five symbols for the Hebrew word for table, and he suddenly understood that meant this object. Just like Hellen Keller understood water and its name.

All over sudden, his world opened up. Other teachers taught him subjects, and in two years, he was a brilliant child who can learn.

And then my wife sat me down and said, ‘It’s payback time. I promised to God if he could help Yossi, I would devote the rest of my life to helping other mothers.’

We rented an apartment and started an after-school class for six children with disabilities. Many parents of children with disabilities heard about our activities and came one after another, so we rented an apartment next door and the program expanded. Eventually, it served 400 children.

In 2005, the Israeli government came to me to consult. They said that the government will provide 7 acres (60% of the size of Tokyo Dome) of land and that they wanted us to provide our programs to more children. So, we decided to work on a new Shalva center. The government paid for some construction, but the rest of the money had to be raised.

What my wife and I were aiming for was the concept of inclusion. Shalva’s services are basically provided free of charge on a first-come, first-served basis. And there is no discrimination based on race, religion, family’s economic status. Wealthy families can voluntarily donate but their children do not receive special treatment.

Shalva now has 400 employees and is the largest of its kind in the world. Every year 50,000 visitors come from around the world.

Our son Yoshi is 43 years old and works independently at a computer-related company.”

  Mr. Yossi Samuels visiting President Bush and Mrs. Bush
(Photo courtesy: Rabbi Kalman Samuels)

The world’s Jewish community supported rabbi Samuels and his wife’s dream. Currently, there are support organizations of Shalva across the globe, making many of their activities possible.

The Shalva Center I visited was such a happy place, with sunlight coming through from the front window. It incorporated many ideas of Mrs. Samuels. I learned that there are many couples who were married while working at this Center together.

     

             Shalva Center                                       Rabbi Samuels and author

Shalva website

Save a Child’s Heart

Dr. Ami Cohen was a doctor with the US Army. When he was stationed in South Korea and Saudi Arabia, he performed pediatric cardiac surgeries. Dr. Cohen immigrated to Israel in 1992. He performed surgery on an Ethiopian child at the request of his Ethiopian doctor friend. Realizing that some African countries lacked advanced medical facilities and trained doctors, he established “Save a Child’s Heart” in 1995.

The Wolfson Medical Center outside Tel Aviv, where Dr. Cohen served as the director of the department of cardiology, became the receiving hospital for this program. Volunteer doctors started to provide pediatric cardiac surgeries to children of Africa, free of charge, airfare, and boarding. As their activities became widely known donations were coming in, and the program was expanding.

Dr. Ami Cohen
(photo courtesy: Save a Child’s Heart)

Dr. Cohen died of altitude sickness while climbing Kilimanjaro in 2001. Continuation of Save a Child’s Heart was in danger. But the people who had been inspired by Dr. Cohen continued the program and made it even bigger. Just recently, they achieved a record of providing cardiac surgeries to 5,000 children from 60 countries. Half of them are Palestinian children in the West Bank and Gaza. In addition, 120 doctors and nurses have been invited to Israel from countries such as those in Africa to receive medical training.

I visited the Wolfson Medical Center about 10 minutes south of Tel Aviv by train. Ms. Tamar Shapira, a spokesperson for Save a Child’s Heart, gave me a tour of the pediatric cardiac surgery department and introduced me to the people there.

Children who just undergone cardiac surgery spend the first two days in ICU. A child from Ethiopia, a Palestinian child, and an Israeli child who has undergone surgery as a regular patient were being taken care of by the same doctor/nurse group in the ICU. Ms. Shapira explained, “Any child from any background is taken care of in the same way.”

It was the day when the children who recovered from surgery were receiving a weekly check-up. I met a boy and his mother from an African country. We couldn’t communicate, but I was able to sense her deep appreciation for this program.

I met a female doctor from Tanzania who was checking children. She must be an elite in her home country. She spoke about Save a Child ‘s Heart in fluent English.

“What is unique about this program is that you can learn about the entire process, from pre-treatment diagnosis to post-surgery progress. I would like to bring the knowledge and skills I have gained here to Tanzania and save more children in my home country.”

Next, Ms. Shapira took me to the dormitory in the nearby residential area. Here, pre- and post-surgery children and their mothers live for a few months. Some mothers never used modern kitchen appliances in their home country, but there was a lady who is ready to help them. The courtyard is a playground, where fully recovered children are having fun. Realizing that these children might not have been saved without Save a Child’s Heart, I was deeply moved by watching these children.

 (Photo Courtesy: Save a Child’s Heart)

After visiting the hospital and the dormitory, I interviewed Mr. Simon Fisher, Executive Director of Save a Child’s Heart. When I asked what I wanted to know the most – what is the driving force behind this program, Mr. Fischer explained.

“Israel is a young country. Our pioneers worked hard to create this country over the decades. As for medical technology, until the end of the 1970s, Israeli doctors could not save children with difficult conditions such as heart disease. It was in the late 80s that Israeli doctors reached the Western countries’ level, after bringing back knowledge and experiences back from their study in those countries. Israeli doctors remember those days. In that sense, Israeli doctors are a little different from doctors in advanced countries in the West or Japan that have a long history of medical science.

I think that gives Israeli doctors a sense of responsibility to help children in countries that cannot be saved with the latest medical technology and to help medical professionals in those countries gain knowledge and experiences.”

Save a Child’s Heart received last year’s United Nations’ Population Award. Also, the International Pediatric Cardiac Center & Children’s Hospital will be opened next year in the Wolfson Medical Center. A reunion of former patients who have undergone heart surgery by this program will soon be held. It must be an inspiring gathering.

Save a Child’s Heart website

At the time of writing this article, Israel is not able to form a government after two elections. But as these organizations show, there are people in Israel, with only one-fourteenth of Japan’s population, who are doing internationally-acclaimed works following their deep convictions. I hope that the Japanese people will learn more about this aspect of the Israeli society as Japan-Israel exchange deepens.

イスラエルの友人:のあ・コフラーさん

のあさんと私は、通常の常識から言えば出会うことはなかったはずでした。一九七八年九月、私はアメリカへ、のあさんはイスラエルへと飛び立ちました。私の方が歳は上でしたが二人とも二〇代、前途に何が待っているかも知らず、ましてや四〇年後もその地に住んでいる自分など想像さえできない、旅立ちでした。

そんな二人が出会えたのは、偶然の(というよりきっと運命的な)糸が繋いでくれたからでした。


2019年1月、のあさんに案内してもらったJaffaで

昨年一〇月、私は二度目のイスラエル旅行に出かけました。二年前の初めての訪問時と同様、友人のエブラハム・クーパー師と一緒にゴラン高原を訪れたり、何人かの著名なイスラエル人に紹介して貰ったりと、有意義な数日を過ごしました。しかしイスラエルを去る最後の日は土曜日の安息日で、正統派ユダヤ人のクーパー師にはアテンドして貰えず、自分独りで過ごすことになりました。

エルサレムのイスラエル博物館を訪問することに決めましたが、その前にある人に電話してみることにしました。それは、数日前にクーパー師と一緒に昼食を共にした元駐米大使のマイケル・オレン氏から、「この日本女性に電話してごらん」と、渡されていた電話番号でした。オレン氏の古い友人で、長くテルアビブの日本大使館で働いていたという女性です。金曜日の夜に電話してみると、翌日時間が調整できれば、イスラエル博物館に来てくれるということでした。因みに、オレン氏との出会いも、その年の春にロスアンゼルスで知り合った在イスラエル作家ヨシ・クレイン・ハレビ氏がアレンジしてくれたものでした。

翌日、のあさんは見ず知らずの私に会うため、テルアビブから来てくれました。その日の深夜の便で発つ私にはたっぷり時間があり、博物館を出た後、土曜日でも開いているレストランを探し、お互いのことやら時を忘れて語り合いました。

同じ年に日本を離れたことに加え、私たちにはもう一つの共通点がありました。夫を亡くしていたことです。一九八八年に精神科医のご主人と結婚されたのあさんは、二〇〇〇年にご主人が亡くなった時、お嬢さんはまだ九歳だったそうです。子供二人が成人して結婚した後に夫を亡くした私より、どんなにつらく大変だったろうと想像しました。

その日の語らいは、もう一人の素晴らしい友人との出会いに繋がりました。のあさんが一時日本に帰っている時に東京のユダヤセンターで知り合ったというダニー・ハキム氏です。松濤館空手七段の彼は「Budo for Peace」という団体の設立者・代表で、日本の武道の精神を通して異なる人々の間に寛容と相互尊敬を広める活動をしている人物でした。ハキム氏の活動を知れば知るほど、お会いしたくなり、今年一月またイスラエルを訪れ、のあさんのご自宅でインタビューさせて貰うことができました。(ハキム氏に関する記事「武道を通して平和のメッセージを広げる」は朝日新聞のRonzaに掲載されました。)

その後私は、五月にまたイスラエルを訪れ、のあさん、ハキム氏、そして長い間日本経済新聞のエルサレム担当として働いたエリ・ガーショウィッツ氏などと、交友を深めていきました。

そして、のあさんのお嬢さん綾さんが九月に結婚することになり、光栄なことに、私も招待を受けて出席することになりました。ご主人を亡くした後、お独りで育ててこられたお嬢さんの結婚を、私も心からお祝いしたいと思いましたし、イスラエルをまた訪問できるのも嬉しいことでした。

当日はテルアビブ郊外の美しい結婚式場に、五〇〇人もの人々が集まり、素敵なカップルを祝福しました。のあさんも、綾さんの純白のウエディングドレスと対でイスラエル国旗のカラーとなる、美しいブルーのドレスを着て、輝くような笑顔でした。二〇代初めにイスラエルに渡られてからの四〇年の歳月が、きっと感慨深く駆け巡ったことでしょう。

のあさんと私には、今大きな夢があります。イスラエルと日本の間に人間レベルでの理解と友情を育てることです。私たちが出会ったのは、その夢の実現の為だったのかもしれません。一人の人間が出来ることには限りがありますが、身近なところから始めていきたいと思っています。

以下は、のあさんが二〇代の頃に書かれたエッセイです。 “イスラエルの友人:のあ・コフラーさん”の続きを読む